エンダモロジー/コントアーズ(使用キーモジュール=S2)

コントアーズを選ぶ基準:体型は痩せた方。セルライトの改善

コントアーズ
太ってはいないがセルライトや皮膚のたるみが気になる方が対象。
・全身(準備、循環促進)
・気になる部分のもみほぐし

サギングスキン
・下垂ケア ペインフルセルライト
・痛い部分レベル2でも痛みがある場合に使用(コントアーズ便用時)

(1)全身の循環促進
プログラム:コントアーズ(技術:スキャン・レーダー)

(2)気になる部分への集中トリートメント

・局部脂肪
プログラム:@ほぐす=コントアーズ(技術:スキャン・レーダー)
プログラム:A引き締め≒サギングスキン(技術:スキャン・レーダー)
・下垂部位プログラム:引き締め3サギングスキン(技術:スキャン・レーダー)

アドバイスポイント

・集中部位は、コントアーズのまま脂肪が柔らかければスリミングで行う。
集中部位も痩せているのであれぱ、コントアーズでスキャン・レーダーをサギングスキンで引き 締めを行う。

(下半身太り・上半身太りの場合)
・下半身はスリミングかルーズセルライトで行うが、上半身が痩せている場合は、コントアーズで 行う。集中部位は、下半身で改善する場合が多い。
・上半身太りの場合は、脂肪が柔らかく、水太りの場合もありルーズスキンを選択する場合もあ る。足首まで細い方で、S1ですわなけれぱS2で流す。

ルーズセルライト・ルーズスキン・サブヘッドも使用していきます。
むくみの具合や脂肪や皮膚のたるみをしっかりと把握してプログラムを組んでください。8回くらいの 施術で少しずつ効果が出てくる場合が多いです。回数をこなしても、変化がない場合はプログラム の立て方、トリートメントのかけ方が間違っている場合もあります。必ず、定期的に技術チェックと理 論的な知識を確認するように指導して下さい。

やせた人

スポンサードリンク