トリアでヒゲ脱毛【元レーザー脱毛施術者】によるガイド

トリア脱毛器を使って、自宅でヒゲ脱毛する方法をすべてお教えします。筆者は自分のヒゲを医療用のレーザー脱毛器で脱毛し始めましたが、途中の段階から「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」を使用し、ツルツル状態にすることができました。

当初から「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」を使っていれば、あのような痛くてリスクの高い手段をとることもなくキレイにヒゲ脱毛を行うことができたと、今は考えています。

美容クリニックに5年間勤務し、レーザー脱毛の施術者としての経験があります。レーザー脱毛の元施術者であり研究者である筆者が、あなたのヒゲ(頬やあご)がキレイになるまでガイドします。

トリアなら医療レーザーと同等のヒゲ脱毛が可能

生えてこなくなるのはレーザー脱毛だけ

レーザー照射翌日のひげの状態

ヒゲ脱毛の方法にはいろいろありますが、一番確実なのは「レーザー脱毛」です。

ヒゲが生えてこなくなるのは「レーザー脱毛」以外にありません。私はクリニックの業務終了後(夜8時〜)、レーザー脱毛器「ライトシェア“LightSheer”」(米ルミナス社製)で、手の甲、指、腕、脚(すね・ひざ上)のムダ毛を自分で脱毛しましたが。5年たった現在、まったく生えてきません。

トリアの脱毛器はクリニックのダイオードレーザーの小型版

トリア・プラス脱毛器

レーザー脱毛器「ライトシェア“LightSheer”」はダイオードレーザーを採用した、米ルミナス社の画期的な脱毛器として、多くのクリニックで使われている、世界でトップクラスの脱毛器の1つです。

実はこのライトシェアの開発メンバーが独立して創業したのが「トリアビューティー」です。そして彼らが家庭でも使える本格的なダイオードレーザー脱毛器として開発したのが、「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」なのです。

「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」は、アメリカのFDA(日本の厚生労働省に該当)で【永久脱毛ができるレーザー脱毛器】として認定され、世界中で使われております。

>> トリアビューティー【公式サイト】

トリアのレーザーによるヒゲ脱毛の仕組み

レーザー脱毛の仕組み

1.お手入れ前の活動期(肌の表面に出ている)の毛の状態

2.活動期の毛根メラニンにレーザーが反応し、脱毛されます。

3.休んでいた毛はダメージがないので、生えてきます。

4.再度レーザーを照射し、くり返すことで毛は生えてこなくなります。

5.個人差や、部位による差もありますが、8〜9回程度でほぼ満足できる状態になります。

毛周期について

肌の奥で休んでいる毛にはレーザーが効きません。レーザーを照射された毛根は生えてこなくなりますが、毛には毛周期があり、表に出ないで休んでいる毛があります。この毛は目を覚ます順番がくると生えてきますので、一度では全ての毛を処理しきれません。そのため