40代の【たるみ毛穴】3つの原因と改善策

更新:

40代のたるみ毛穴の「主な原因」は、以下の3つ。

そして、40代のたるみ毛穴「おすすめの改善策」は以下の2つです。

40代のたるみ毛穴 - 原因【1】肌や筋肉のたるみ

毛穴のたるみを気にする女性

加齢などによって「肌に弾力がなくなって垂れ下がる」「肌を支えるための筋肉が衰えて垂れ下がる」という状態になった時、毛穴が重力で下に引っ張られることで、縦長のしずく状毛穴ができてしまいます。

その証拠に、たるみ毛穴に悩む人は、フェイスラインも若い頃に比べて崩れているはず。
10代〜30代前半の頃はシュッとしたきれいなフェイスラインを保っていたのに、いつの間にか顔の輪郭が以前より丸くなっていたり、あご付近に肉がついていたり、最悪の場合「頬がブルドッグ状態」になっていたりするのです。

つまり毛穴のたるみは「肌や筋肉が衰えたことを示す、老化のサイン」と言えるわけですね。

毛穴のたるみ、40歳を超えたら危険!?

毛穴が気になる女性

肌や筋肉の老化のサインとも言える、毛穴のたるみ。

このたるみ現象が、年齢的にいつごろから出てくるのかというと、おおむね30代半ばぐらいから発生してくる人が多いですよ。

肌や筋肉の状態自体は、おおむね20歳ごろがピークとなり、そこからはよほどスキンケアに気を遣わない限り、下り坂になっていくのですが、それでも最初のうちは、その「下り坂のペース」がゆるいので、外見的には肌の衰えになかなか気づきません。

ところが30代後半あたりから、肌や筋肉の老化に向けての下り坂のペースが早くなってきます。
そしてそこから数年経過し40歳を超えてくると、たるみ毛穴・フェイスラインの崩れなど、ハッキリとした老化の兆候が見てとれるようになります。

40代のたるみ毛穴 - 原因【2】リキッドファンデやクリームファンデ

化粧をする女性

あなたは普段のメイクで、どんなタイプのファンデーションを使用していますか?

もし、リキッドファンデやクリームファンデを使用しているというのなら、今すぐ使用をやめることをおすすめします。なぜなら、それらが原因で、毛穴のたるみが悪化する可能性があるからです。


リキッドファンデやクリームファンデがダメな理由

なぜ、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使ってはいけないのかというと、以下の3つの理由があるからです。

  1. 合成界面活性剤やシリコンが大量に配合されており、成分的に見て肌刺激が非常に強い。
  2. 肌にすりこむような形でつけるため、摩擦と引っ張りで肌が傷んで伸びきってしまう。
  3. ファンデが落ちにくいため強力なクレンジング剤を使うハメになり、そのクレンジング剤の刺激がさらに肌を傷める。

このように、肌を傷める要素が多すぎるため、クリームファンデやリキッドファンデは使うべきではないのです。

ミネラルファンデを使おう!

では、どんなファンデーションなら、たるみ毛穴を悪化させずに済むのかというと、ズバリ「パウダータイプのミネラルファンデ」がおすすめです。

パウダーファンデは「肌にすりこまず、乗せるだけなので摩擦や引っ張りの刺激がない」「中には合成界面活性剤が入っているものもあるが、それでも配合量が少ないため、クリームやリキッドタイプよりも、成分的にはるかに刺激が少ない」というメリットがあります。

しかしそんなパウダーファンデの中でも、ミネラルファンデは「天然鉱物のみを原料にしている」ということで、特に安全性が高く、肌刺激が少ないのです。

しかもミネラルファンデは、鉱物の粒子が紫外線を物理的にブロックしてくれるので、紫外線による肌老化を防ぐのにも役立ちます。この点でも、たるみ毛穴の予防に役立つと言えますね。

クリーム・リキッドタイプのファンデから、パウダータイプのミネラルファンデに変えてしばらくは「化粧崩れのしやすさ」が若干気になると思いますが、これは事前のスキンケアで、入念な保湿を心がけることでかなりカバーできます。

保湿性にすぐれた化粧水と美容液を重ねづけして、しっかり肌になじませるのがコツですよ。

40代のたるみ毛穴 - 原因【3】日々の「緊張感のなさ」

毛穴のたるみを気にする女性

毛穴のたるみを悪化させる、意外な原因として挙げられるのが「緊張感のなさ」です。

もしあなたに「気がつけば、ポカンと口を開けていることが多い」「無意識に頬杖をついてしまうクセがある」などという点に心当たりがあったとしたら要注意!
それって、かなりマズい状態ですよ。


緊張感のなさはたるみ毛穴を悪化させる!

結論から言うと「ボーッとしていて、ポカンと口を開けていることが多い」という感じで緊張感を持っていない人は、筋肉のたるみによる、たるみ毛穴の悪化を招きやすいです。

きちんと口を閉じているのと、重力にまかせてだらんと口を開いているのとでは、筋肉の使われ具合が違ってきます。

「口を閉じるぐらいの筋肉の動きなんて、大したことないから、やってもやらなくても同じじゃないの」と思われるかもしれませんが、毎日、長時間の積み重ねによって、その差は大きくなっていくんですよ。

頬杖は姿勢の悪さと肌の引っ張りでたるむ!

「緊張感のなさ」と言えば、無意識に頬杖をつくクセというのも、たるみ毛穴の悪化防止のために、絶対に心がけたいところですね。

頬杖をつくと、姿勢が崩れるので、不自然な筋肉の使い方や血行の悪さを招いてたるみやすくなるだけでなく、「頬杖によって、一部の皮膚が強く引っ張られ、伸びきってたるんでしまう」というリスクも招いてしまいます。

あと、頬杖をついている部分そのものはかなりの圧迫を受けるので、これもまた肌繊維を傷めたり、血行を悪くする原因となってしまいますよ。

つまりここまでの話をまとめると、「口開けっぱなし・頬杖をつくなど、だらしない状態で過ごしていると、毛穴もだらしなくたるんでしまう」というわけなのです。

夜ぐらいはリラックスしてもいいですが(ただし頬杖は禁止)、たるみ毛穴の発生防止・悪化防止のためにも、日中は姿勢や行動に適度な緊張感を持つよう心がけましょう。

日中に適度な緊張感を持って過ごし、夜にリラックスするというメリハリをつけると、1日のリズムができやすくなりますので、寝つきの改善にもつながりますよ。

40代のたるみ毛穴【改善策-1】早く引き締めたいならピーリング

40代になったら、たるみ毛穴改善のためには「日々のスキンケアで、FGFや高濃度ビタミンCなどを補給する」ということが推奨されております。
しかし、もっと早く結果を得たいなら「たまにピーリングをしてみる」というのがおすすめです。

なぜ、40代以降のたるみ毛穴改善にはピーリングが必要なのか

なぜ、たるみ毛穴の改善にピーリングが必要なのかというと・・・そもそも、たるみ毛穴が出ている40代以降のお肌は老化しており、ターンオーバー自体が乱れて古い角質などが残っている可能性が非常に高い状態なのです。

その古い角質をピーリングで無理なく落とすと、これが良い肌刺激となり、ターンオーバーが促され、肌のハリや弾力が高まるというわけです。

ピーリング洗顔には注意が必要!

ピーリング洗顔には大きな注意点もあります。それは、「肌のリフレッシュというレベルを超えて、強すぎる刺激のピーリング洗顔は肌を傷めてしまう」ということ。

「ピーリング剤が強すぎる」というのではもちろんダメですが、たとえピーリング剤そのものの作用レベルが適切でも「拭き取る」「肌の上でこすって、ポロポロと消しゴムカスのようなものを出す」というタイプのピーリング剤は、非常に肌刺激が強いので注意が必要です。

ピーリング石鹸を使った自宅ピーリングがおすすめ

ピーリングというと、まずは「エステなどでピーリングをしてもらう」ことがまっさきに浮かぶと思いますが、コストと時間がかかるのが難点。

自分でピーリングをする場合は、ピーリング石鹸がおすすめ。ピーリング石鹸は、お肌に泡を置く時間や週に何回使うかといった頻度で強度をコントロールしやすく、最初は試す程度で徐々に効果を高めていくことができるからです。

参考:ピーリング石鹸の選び方・使い方など

40代のたるみ毛穴【改善策-2】3つの顔面エクササイズで引き締めよう

40代からの「たるみ毛穴」改善させるためには、肌状態を良くするだけではなく、肌を支えるための筋肉も鍛えることも必要です。

そのために役立つ3つの顔面エクササイズをご紹介しましょう。


1.口笛は頬回りの筋肉を鍛えるのに意外と有効!

口笛式の顔面エクササイズ


頬回りの筋肉を鍛えるのに、意外と有効なのが「口笛を吹くこと」です。口笛は、口の周りと頬の筋肉をきちんと使わないとうまく吹けないんですよ。

1日1〜2曲、「お気に入りの曲を口笛で吹く」というだけでも、筋肉への働きかけは相当なものになります。「1曲吹いただけで口の周りが疲れる」という人は、相当筋力が衰えている証拠ですので、口笛吹きを特に積極的にやることをおすすめします。

2.「舌回し運動」で頬などの筋肉を効率よく鍛えよう!

頬などの筋肉を効率よく鍛えられる方法としてまずおすすめしたいのが「舌回し運動」です。

口を閉じて舌を口の中で右回転・左回転を交互に何度も回しながら、「舌で頬を内側から軽く押す」ということを心がけて下さい。

舌の動きによって筋肉が刺激されるだけでなく、舌に押されることによる刺激効果も期待できますよ。

3.割り箸を使った顔面エクササイズ

「割り箸を口にくわえる」というのも、たるみ毛穴の改善に効果的な顔面エクササイズとしておすすめです。

  • まず、鏡の前に立ちます。
  • そして割り箸を横にし、歯ではなく唇だけでくわえ、その状態で口角を上げるように意識して、10秒ストップ。
  • これを5回ほど繰り返しましょう。

[TOP]に戻る

メニュー

医療脱毛

ビューティ

ダイエット/アイソメトリックス

化粧品

ピーリング石鹸 - おすすめの選び方&効果的な使い方ガイド