カイネチン化粧品・自家製の作り方・カイネレース他製品の口コミ紹介

更新:

自信を持つ女性

ドクターズコスメとして人気の高まっているカイネチン配合化粧品、クリームの効果や各メーカーのカイネチン化粧品を紹介。さらにカイネチン原料を入手して他の化粧品や溶剤に混ぜて使う方法も解説し、カイネチンの人気の秘密に迫ります。


[目次]

カイネチン化粧品の基礎知識

近年、化粧品やクリームの配合成分に「カイネチン」というのを見かけるようになりました。カイネチンは植物から抽出されるホルモンの一種で、人間の肌に対しても様々な期待が高まっております。

カイネチンの肌などへの作用

植物ホルモンの一種であるカイネチンが、なぜ近年、人のスキンケア用品に使われるようになってきたのかというと、これは「カイネチンの作用が、人の肌に対しても応用可能なのではないか」ということが分かってきたからです。

カイネチンの作用が人の肌にも応用できるということは、カイネチンを化粧品などに配合することで、人の肌のターンオーバーの促進などにも役立つ、という理屈が成り立つわけなのです。

カイネチンの人気がアメリカや日本で出てきた理由

カイネチンが近年、アメリカだけでなく日本でも人気が出てきた理由としては、カイネチンは副作用などの報告は今のところほとんど見られない、という注目すべきメリットと言えるでしょう。

「でも、日本のスキンケア市場ではまだまだ歴史が浅いから」と不安に思う人も居るかもしれませんが、すでにアメリカではもっと前からカイネチンが愛用されているという実績があります。

>> 各種カイネチン化粧品の解説はこちら

カイネチンは美容外科や皮膚科で処方されている?

美容外科や皮膚科でのカイネチン処方

美容外科や皮膚科で、カイネチンを処方してもらうことができる、という話を、あなたは聞いたことがありますか?

ですがこれ、実は「完全に正確な話」ではありません。

美容外科や皮膚科の医師は、確かに、皮膚症状に応じて、何らかの塗り薬などを処方することはありますが、だからといってカイネチンを「薬として」処方することは、まずないんです。

美容外科などのカイネチンは「処方」ではなく「化粧品として販売」している

美容外科や皮膚科で、カイネチンが薬として処方されることはまずないのに、なぜそんな噂が立っているのかというと・・・

これは実は、美容外科などでは、カイネチン配合のクリーム等が「化粧品」として販売されている、というのが正解です。

美容外科などには「アトピーの人向けのスキンケア用品」などが、窓口に販売用として置かれていますが、あれと同じような感じで、「アンチエイジングをしたい人向けの商品」として、カイネチン配合の化粧品やクリームが置かれているのです。

「薬」ではないけれど、化粧品として日々のケアにはおすすめできる、というスタンスなのです。

カイネチンの原料を入手して他の化粧品や溶剤に混ぜて使う方法

講義を行う女性

お肌のケアにカイネチンを取り入れるためには、基本的には「カイネチン配合の化粧品やクリームを買う」というのが一般的ですが、実はカイネチンというのは、原料の粉末だけを入手して、それを他の化粧品や溶剤などに混ぜて使用することも可能なんです。


カイネチン粉末の入手方法

カイネチン粉末を入手したい人は、化粧品の原料を通販しているショップのサイトに行き、そこで「カイネチン」または「キネチン」というキーワードで検索してみるといいでしょう。

実際に見てみると分かりますが、カイネチン粉末というのは、数ある化粧品原料の中でもかなり高価な部類に入るもので、国産のものだと、たった1グラムで1万円台から数万円もしてしまう、というのが現状です。

「さすがにその値段は厳しい、質より量」ということで安価なカイネチン粉末を購入したいなら、中国産を選ぶといいでしょう。

カイネチンの溶かし方

さて、カイネチン粉末を購入したら、あとはそれを手持ちの化粧水や溶剤に、0.1〜0.2%程度の濃度になるように混ぜるだけ、と言いたいところなのですが、ここで問題が出てきます。

実はカイネチンというのは、非常に溶けにくい成分なのです。

普通の原料のように「化粧水のボトルに入れて、シャカシャカ振れば溶ける」というような簡単なものではないんですよ。

カイネチンを溶けやすくするためには、「エトキシジグリコール(エチルカルビトール)」という、保湿系の溶剤を使用するのがおすすめです。

実際、この保湿系溶剤エトキシジグリコールは、アメリカのカイネチン配合化粧品の代表格である「カイネレース」にも0.2%ほど配合されているそうです。

保湿系溶剤・エトキシジグリコールのリスク

というわけでカイネチンをうまく溶かすには、エトキシジグリコールの使用が有効なのですが、ひとつ注意点があります。

それは・・・このエトキシジグリコールは、合成の界面活性剤ですから、高濃度で使用すると毒性のリスクが出てしまう可能性があるのです。

ですからカイネチンを溶かすためにエトキシジグリコールを使用する際は、あくまで「最低限度の使用」にとどめておきましょう。

[目次]に戻る

カイネチン化粧品レビュー(1)カイネレース

カイネレース

アメリカのアイシーエヌファーマシューティカルズのコスメ「カイネレース」について、価格相場や個人輸入で安く手に入れる方法、口コミや評判も紹介します。


カイネレース「ここの商品は長く使っても安心」というお墨付き?

スキンケア用品へのカイネチン使用の歴史が、日本よりもはるかに長いアメリカ。

そのアメリカのカイネチンを使用したスキンケア用品の中でも、もっともメジャーな存在。「ここの商品は長く使っても安心」というお墨付きを多くのユーザーから得ているブランドですから、品質は悪くなさそうだと考えていいでしょう。

ただし、当たり前の話ですが「日本人向けに作られたスキンケア用品」ではないので、その点は注意が必要です。

カイネレースの相場と個人輸入で安価で手に入れる方法

カイネレースには代表的なクリームのほかにジェル、美容液、化粧水などの関連商品がありますが、ここではクリームを中心に説明します。

カイネレースの価格は、旧製品のカイネレースクリームなら40グラムのチューブ1本で5,000円台から9,000円台が相場。

そして、新製品のカイネレースアドバンスクリームなら、80グラムのチューブ1本で13,000円台から16,000円台が相場、と言えるでしょう。

ちなみに、日本の通販市場では旧製品のカイネレースクリームと新製品のカイネレースアドバンスドクリームの両方が出回っていますが、基本的には「いまだに旧製品のカイネレースクリームを販売しているショップは、商品の回転率があまり良くない」と考えられるため、利用は避けたほうがいいでしょう。

カイネレース個人輸入で手に入れる方法

カイネレースは個人輸入をうまく使えば、もっと安価で手に入れることも可能です。

一般の消費者である私たちが、単独で個人輸入を行うには勉強も必要で失敗も伴います。通常は「個人輸入代行業者」もしくは「個人輸入代行サイト」を使うことで、比較的安く入手することも可能です。

ネットで検索すれば、JISA のような個人輸入代行サイトが見つかります。

カイネレースの口コミ

カイネレースを評価する口コミ

  • 「一本購入すると、そこそこ長持ちしてくれるのがいいです。コスパは悪くないと思う」
  • 「指にとった時はこってりしたクリームだと思ったのですが、いざ肌につけてみると意外なほどべたつき感がなく、気持ちよく使えました」

カイネレースを評価しない口コミ

  • 「カイネチンに詳しいアメリカ製ということで期待してたんですが、残念ながら即効性はまるでありませんでした。効果があるかないかわからない状態で、リピするかどうか悩んでいます」
  • 「肌への伸びが悪く、ちょっと使いにくい」

カイネレースの使用感

おそらくこれが「アメリカのスタンダードなカイネチンコスメ」の代表格なのでしょうが、スキンケア用品というよりはむしろ、軟膏系の薬のようなつけ心地です。

この使用感を気に入るかどうかは個人差があると思います。

[目次]に戻る

カイネチン化粧品レビュー(2)オールメイ(ALMAY)カイネチンスキンケア

オールメイ カイネチンスキンケア外箱

オールメイ(ALMAY)カイネチンスキンケアは、カイネレースと同様に、アメリカ製のスキンケア用品です。

ですから「カイネチンという配合成分に対する歴史」というのは、日本製のスキンケア用品よりも上、と考えていいでしょう。

オールメイ(ALMAY)のカイネチンスキンケア製品は個人輸入で

オールメイのカイネチンスキンケアは、通販ショップからの購入というのはかなり困難で、基本的には個人輸入での購入、という形で入手します。

UVA線&UVB線から保護する成分も含まれていますのでUV製品を重ねて使う必要がありません。低刺激性であり、お肌にやさしく自然に保ちます。

オールメイ(ALMAY)カイネチンスキンケアの価格

オールメイ カイネチンスキンケアは、個人輸入での購入が基本となるため、「日本での販売定価は〇〇円」というはっきりした情報は出せません。

だいたいの価格の目安としては、オールメイ カイネチンスキンケアの中でも特に人気の夜用クリームを個人輸入する場合、その価格はおおむね7,000円前後といったところです。

全体的に見て、オールメイは他社の同等の製品に比べ安価で入手することが可能です。

オールメイ(ALMAY)カイネチンスキンケアの口コミ

オールメイ カイネチンスキンケア開封後


「カイネチンスキンケア」を評価する口コミ

  • 「今まで他のカイネチン用品もいくつか使ってきましたが、オールメイのクリームは、カイネチン用品の中でも特に保湿効果が高いと思うので、乾燥肌の私にはありがたい存在です」
  • 「日本人より肌が強いアメリカ人向けコスメということで肌への刺激が心配でしたが、今のところ肌刺激はまったく感じません。これなら日本人も安心して使えると思います」

「カイネチンスキンケア」を評価しない口コミ

  • 「使用感そのものは悪くないはず・・・なのですが、これは原料臭でしょうか?とにかく、においがきつくて、それが気になって顔には使えません」
  • 「米国製ということで期待していたのですが、ほうれい線に対すしては今のところ期待外れですね。」

オールメイ(ALMAY)カイネチンスキンケア 筆者の感想

クリームを試してみたところ、確かに、他社製よりもしっとり感があるような気がしました。

ですから乾燥肌の人がカイネチンを使いたいなら、「オールメイを選ぶ」というのもアリかな、と思います。

ですがビニールっぽいようなニオイが気になるのも事実ですので、嗅覚が敏感な人は避けたほうが無難かも!?

カイネチン化粧品レビュー(3)ブランアンジュール「KVC5クリーム」

ブランアンジュール「KVC5クリーム」には、大きな特徴が2つあります。まずひとつは、カイネチン濃度を0.5%という高配合にしていること。

一般的なカイネチン配合スキンケア用品の5倍の配合率を実現しています。

そしてもうひとつ、ブランアンジュール「KVC5クリーム」はビタミンC誘導体成分の濃度も非常に高く、なんと5%もあるのですから、ブランアンジュール「KVC5クリーム」は「有効成分の配合にすぐれたスキンケア用品」と言えるでしょう。

ブランアンジュール「KVC5クリーム」の口コミ

評価する口コミ・メリット

  • どちらかというと乳液状なので、のびがいいです。
  • 「とにかく、成分の濃度に惹かれて購入しました。以前、別社のカイネチンクリームを使ってイマイチだったので、今度こそ期待したい」
  • 「ブランアンジュール KVC5クリームはエアレスボトルなので、中に空気が入らないから、最後まで安心して使えるのが嬉しいです」

評価しない口コミ・デメリット

  • クリームというよりは乳液状で、分離しやすいです。使うたびに振りながら使用しています。
  • 「高濃度!ということで期待していましたが、今のところこれといった結果は出ていないです。あえて言うなら少しだけ透明感が出てきた、って程度です。私個人としては、濃度の割には結果が出ない、という印象で、これはひょっとして浸透性がイマイチなのかな?って思います」

使用感

ブランアンジュール「KVC5クリーム」は、成分が高濃度なためなのかどうか分かりませんが、若干べたつきを感じる使用感です。

そのため、個人的にはちょっと浸透性に疑問があるな、という印象ですね。

ビタミンC誘導体に関しては、あえてこのクリームと分けて、専用の美容液にしたほうが、浸透率は高められたのではないかな?と思います。

他社の、ビタミンC誘導体高配合の美容液で、ぐっと浸透するタイプのものがありましたので・・・

価格

ブランアンジュール「KVC5クリーム」の価格は、40グラム入りで税込み4,950円〜5,437円(2021/8/20調査)。

カイネチンとビタミンC誘導体が高濃度、ということを考えれば、かなりリーズナブルな価格設定と言えますが、ここまで安いと原材料の品質や入手ルートが気になってきます。

[目次]に戻る

メニュー

脱毛器

ビューティ

ダイエット/アイソメトリックス

化粧品

ピーリング石鹸 - おすすめの選び方&効果的な使い方ガイド