レチノールクリーム・化粧品【含有量0.05%以上】を海外から個人輸入する方法と注意点

更新:

レチノールの個人輸入を試みる女性

高濃度レチノールクリームを実際に使った経験のある筆者による、含有量0.05%以上の高濃度レチノールクリームを通販で海外から個人輸入する方法と注意点についてシェアしたいと思います。


レチノールクリーム・化粧品をアメリカなど海外から個人輸入する方法

レチノール製品を調べる女性

日本で化粧品として市販されているレチノールクリームは濃度が低すぎて、レチノール本来の働きが期待できません。日本国内で認可されていない、薬品としてのレチノールクリームは、海外(主にアメリカ)から個人輸入という形で購入することができます。

個人輸入とはいっても以前とは違い、ネット通販という形で購入できます。楽天なら通常と同じ購入方法で個人輸入が可能なショップがあります。

日本語で記載された販売サイトで日本人スタッフが対応しているケースもあって、国内の通販サイトで買い物をするのと全く同じ感覚です。

違うのは海外から送られてくるということだけで、届くまでの日数が若干かかる程度で、送料は思ったほどかかりません。

レチノールの濃度・含有量の記載について

レチノール製品の記載を確認する女性

通販などでたくさんのレチノール製品をご覧になると思いますが、事前に理解しておくべきことがあります。それは、レチノールの濃度です。これはレチノールそのものの含有量を製品の容量で割ったものです。

仮に製品の容量が1.7オンス(48.2g)で、含まれるレチノールが0.05gだとすると、濃度は約0.1%となります。

しかし原液系の商品(特にアメリカ製)にはよく濃度1%という表記がトレンドのように表示されておりますが、「レチノール(トレチノイン酸)」の含有量ではなく、「レチノール配合原液」の濃度です。(1オンス=28.35gで計算)

レビューなどで使用量や頻度と皮のむけ具合を総合的に確認しましたが、美容クリニックなどで院内調合されるレチノールクリームの0.05〜0.1%の範囲のものに相当しているように思われます。

また、ほぼこれらと同じ濃度であっても、国内の原液系製品だと3%と記載しているものもありますので、初めて購入した場合は、あくまでも「極少量、頻度少な目」から様子を見るようにしたほうがいいと思います。

レチノールクリーム・化粧品の個人輸入で注意するべきこと

レチノールクリームを使用する女性

個人輸入だとレチノールの含有量は0.05%〜0.1%のものが手に入り、それらの美容クリニックなどの約半額、診察料も含めるとそれ以下の費用で入手することができますが、医師の診察がない分、注意が必要です。

初めは0.05%くらいのもの使うのが理想ですが、0.1%のものを使用する際は、少量を塗りこむこと。早く結果を実感したいからといきなり多く塗りこむのは危険です。

もちろん塗る「頻度」も初めは慎重に。そしてもしお肌に異常を感じたら、皮膚科などの専門医に相談するべきです。

レチノールクリームを使う前には必ず「パッチテスト」を行う

レチノールのパッチテストで驚く女性

「これまで、いろんなスキンケア用品をパッチテストなしで使ってきたけど、肌トラブルなんて起こったことがないから大丈夫」と、パッチテストを省略したがる人もいるでしょうが、レチノールクリームを使うにあたっては、このプロセスを省略するのは絶対にダメです。

なぜならレチノールは肌刺激が強い成分ですので、「他のスキンケア成分に比べると、肌トラブルを招くリスクが高い」と言わざるを得ないからです。

レチノールクリームのパッチテストのやり方

レチノールクリームのパッチテストは、一般的なスキンケア用品のパッチテストと同様に、「二の腕など、目立たないところにつけて24時間以上様子を見る」というのが基本ですが、これで終わらせてはいけません。

二の腕でのパッチテストが終わったら、「首」「顔」の順で、パッチテストを繰り返してみて下さい。

もちろん、首や顔のパッチテストにおいても、24時間以上様子を見ることは必須です。

レチノールクリームのパッチテストでの確認項目

パッチテストをしたら、皮膚に以下のような症状がでていないかどうかをしっかり確認しておきましょう。

  • ヒリヒリとした痛みはないか。
  • 強いかゆみは出ていないか。
  • 皮膚に赤みの症状が出ていないか。

これらの3つの症状のうち、ひとつでも当てはまる症状が出た場合は、レチノールクリームの使用には少し慎重になったほうがいいでしょう。

さらなるパッチテストを何度か繰り返し、「肌がレチノールに慣れて落ち着きそうかどうか」を見ていくことをおすすめします。

もちろん、「繰り返しパッチテストをしても、肌トラブルが起こり続ける」というような場合は、レチノール配合のスキンケア用品の使用をやめるのが正解です。

メニュー

脱毛器

ビューティ

ダイエット/アイソメトリックス

化粧品

ピーリング石鹸 - おすすめの選び方&効果的な使い方ガイド