美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

クレンジングオイルは毛穴の開きを悪化させる!?

読了までの目安時間:約 3分

 

クレンジングオイルを毛穴にすりこむようにして角栓を溶かそうとしている人、意外と多いですよね。
実際のところ、この使い方ってどうなのでしょうか?

クレンジングオイルのリスク

クレンジングオイルは、油系の汚れを浮かせて落とす効果が強いため、メイク汚れだけでなく、皮脂が混じった角栓を溶かすにも適しているように思えます。

しかし、毛穴の開きが気になる人には、こうしたクレンジングオイルの使い方はおすすめできません。

なぜなら、強力すぎるクレンジングオイルは、「本来必要な分の皮脂」など、必要なうるおい分まで根こそぎ奪ってしまうリスクが高いからなんですよ。

ましてや「角栓の奥までクレンジングが届くように」と、しつこく長時間グイグイとクレンジングオイルをすりこむ行為は最悪です。

クレンジングオイルの界面活性剤が、セラミドなどの必要不可欠な保湿系細胞間脂質まで溶かして流出させてしまい、結果的には「肌乾燥を悪化させ、毛穴の開きもひどくなる」という状態を生み出してしまいやすいのです。

では、どんなクレンジングをすればいいのでしょう?

クレンジングは軽めにササッと!

クレンジングで肌乾燥による毛穴開きを悪化させないためのコツは、まず「クレンジングで毛穴汚れを落とそうとこだわらない」ということ。クレンジングはあくまで「メイク汚れを浮かせるだけの手段」ですからね。

刺激が少なめなクリームタイプのクレンジング剤をTゾーンにつけてから顔全体にもなじませ、指の腹でくるくるとクレンジング。そして、クレンジング剤を顔につけてから30~40秒経過したところで、お湯で軽く洗い流します。

「こんな短いクレンジングじゃ、キレイにメイクは落ちない」と思われるかもしれませんが、6~7割のメイク汚れが浮いたような状態になっていればOK。あとは仕上げの洗顔でキレイにできますよ。

クレンジングで完璧に汚れを落とそうとこだわる気持ちを捨てることが、毛穴と肌をダメージから守ることにもつながるのです。

 

毛穴 毛穴の開き

しわ・たるみ対策のための「良質な睡眠」の重要性

読了までの目安時間:約 3分

 

あなたの毎日の睡眠状態は、良好ですか?

なぜこんなことを聞くのかというと、それは、しわ・たるみ対策のためには、良質な睡眠をとることが非常に重要だからです。

どれほど重要かというと、睡眠がメチャクチャな状態だと、その他のしわ・たるみ対策の努力がほとんど台無しになってしまうほど。

その理由についてお話ししましょう!

睡眠は成長ホルモン分泌を左右する!

よく「肌のターンオーバーを活性化させるためには、午後10時~午前2時ごろまでの、夜のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとることが大切」と言われますが、なぜ、この時間に寝るとターンオーバーが活性化するのかというと、「成長ホルモンがたっぷり分泌されやすい環境が整う」からです。

この時間帯は、人間の体温が低下してくる時間帯で、その体温低下にともなって、深い眠りにつけるチャンスでもあります。そして、眠りが深くなればなるほど、寝つき後から3時間ぐらいまでの間に、成長ホルモンがたっぷり分泌されるようになるのです。

この成長ホルモンこそが、肌のターンオーバーを活性化させる立役者。

睡眠

どれだけ肌細胞の原材料となるたんぱく質や、その合成促進をうながすビタミンなどを摂っていても、成長ホルモンがうまく分泌されないと、生かしきれないんですよ。ですから、遅くとも0時までに寝て、成長ホルモン分泌のチャンスを生かすことが大切なのです。

また、疲れをしっかりとって、細胞の修復等をきちんと済ませるためには、最低でも6時間以上の睡眠が必要。できれば、7時間~7時間半が理想的ですよ。

寝つきを早くするためのコツ

成長ホルモン分泌によるターンオーバー活性化のための条件として「0時までには就寝する」ということはとても大切ですが、「寝床についても寝つけず、ゴロゴロしているうちに0時をオーバーしてしまう」という人も多いでしょう。

そんな人は、寝つきを早くするために、以下の5つのポイントを心がけて下さい。これらを守るだけでも、寝つきの良さがかなり違ってきます。

  1. できるかぎり、家の照明はオレンジ系の電球色にする。
  2. かかとから足先はけっして冷やさず、温かい状態にする。
  3. スマホやパソコン・テレビなどの電子画面は、就寝30分前以降は見ない。
  4. エアコンや電気毛布などの利用で、寝室と寝床を心地良い温度に整えておく。
  5. 寝る前に大きく伸びをして、数回、ゆっくりと深呼吸をおこなう。

また、起床時はすぐにカーテンと窓を開けて部屋を明るくし、素早く活動スイッチを入れるように心がけると、より効果的ですよ。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

朝食時におすすめ!抗酸化スムージー

読了までの目安時間:約 3分

 

しわ・たるみ対策のためには、活性酸素による肌細胞の老化を防ぐために、内外からの抗酸化ケアが不可欠となってきます。

外側からの抗酸化ケアとしては、抗酸化成分が配合されたスキンケア用品を使うというのがおすすめですが、内側からの抗酸化のカギを握るのは食生活!

特に、朝食で抗酸化パワーを得ることは、日中の紫外線による活性酸素発生に対抗できる有効な手段と言えます。そのために、朝食としておすすめの抗酸化スムージーをご紹介しましょう。

スッキリ飲める抗酸化スムージーはこれ!

朝食として飲みやすい、スッキリ飲み口の抗酸化スムージーとしては、以下の2つがおすすめです。

キャベツとアセロラ果汁のスムージー

  • キャベツ2枚
  • アセロラ果汁(できれば果汁100%のもの)100cc
  • ヨーグルト大さじ4
  • オリゴ糖小さじ1

リンゴ・小松菜・ブロッコリーのスムージー

  • リンゴ半分
  • 小松菜一株
  • ブロッコリー2房
  • 牛乳80cc

りんご

キャベツとアセロラ果汁のスムージーは「これでもか」というほどにビタミンCが多く、リンゴ・小松菜・ブロッコリーのスムージーはビタミンAとCがバランスよく豊富に含まれていますよ!

飲みごたえも重視したい人にはこれ!

「朝食はスムージーだけで済ませるので、抗酸化作用だけでなく飲みごたえも重視したい」という人には、アーモンドとにんじんのスムージーがおすすめです。

  • アーモンド20粒程度
  • にんじん中サイズ2分の1本
  • ヨーグルト大さじ4
  • 牛乳50cc
  • はちみつ小さじ2

このスムージーは、ビタミンCは少ないものの、抗酸化作用が高いビタミンAとEが豊富で、アーモンドとヨーグルトによって飲みごたえもしっかり得られるのがメリットです。

スムージーを飲む時の注意点

さて、ここでご紹介したスムージーを飲む際に、ぜひ注意しておいてほしいことがあります。

それは「たとえ暑い季節でも、ミキサーに氷をたっぷり入れてキンキンに冷えたスムージーを作る、というようなことはしない」ということ。

朝の、空っぽの胃に冷たすぎるスムージーを入れると、冷えを招いてしまいやすいのです。さらに、冷えは血行不良を引き起こし「血行不良による、肌細胞への酸素・栄養運搬の効率低下」が起こる可能性も出てきますよ。

スムージーは冷やし過ぎず、噛んで味わうようにしてゆっくり飲むのがおすすめです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

アレルギーリスクなし!PPP注入&PRP注入

読了までの目安時間:約 3分

 

しわ・たるみ対策のための注射治療と言えば、ヒアルロン酸やボトックス・コラーゲンなどがよく知られていますが、コラーゲンはアレルギーリスク大、ヒアルロン酸にもわずかながらアレルギーリスクあり、そしてボトックスは「毒素を使う」という心理的抵抗感があるなど、それぞれに欠点があります。

そんな中、「毒素やアレルギーのリスクがまったくない注射治療」として近年注目が高まっているのが、PPPおよびPRP注入です。

PPP注入・PRP注入とは

PPP注入とは、血液に含まれる血漿から取り出した成分を、熱で適度な硬さに調整したものを注入するという方法です。

ちなみに、血漿のことを「プラズマ(Blood plasma)」とも呼ぶので、この治療法は「プラズマジェル」という名でも知られています。

そしてPRP注入は、血液に含まれる血小板の力を借りて、コラーゲンの生成を促進するという方法。

どちらも、自分の血液に含まれる成分を使うため、アレルギーの心配がまったくない、というのが最大のメリットです。

PPP注入・PRP注入のデメリットとは?

PPP注入・PRP注入は、「アレルギーリスクゼロでしわやたるみ治療ができる」というメリットが魅力ですが、その反面デメリットもあります。

大きなデメリットとして挙げられるのは、自分の血液から注入のための成分を作る手間がかかる分、他の注射治療と比べると高価であること。

どちらの治療法も「最低でも10万円前後はかかる」という料金設定の美容クリニックが多いです。

また、PPP注入については、効果が数ヵ月~半年程度しか持たない、というのもデメリットとして挙げられます。

これに対してPRP注入は1~3年程度効果が持続しますので「効果が長い分お得」というイメージもありますが、PPPとPRPを比べた場合、しわでくぼんだ肌を内側からボリュームアップする効果の高さや即効性はPPPのほうがすぐれております。

PRPは「効果が出るのが遅い上に、効果の範囲もPPPより小さい」というデメリットがあります。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ治療

コラーゲン注入をする美容クリニックが少なくなっているのはなぜ?

読了までの目安時間:約 3分

 

しわ対策のために美容皮膚科や美容外科がおこなう治療法のひとつとして、かつてはコラーゲン注入が高い人気を誇っていました。

しかし今は、コラーゲン注入をする美容クリニックの数は以前と比べると激減し、今では取扱いクリニックをあまり見かけなくなっています。その理由は何なのでしょうか?

コラーゲン注入が激減した最大の理由はこれだ!

コラーゲン注入を取り扱うクリニックが激減した最大の理由として挙げられるのが、「コラーゲン注入より安全性が高いヒアルロン酸注入が使えるようになったから」です。

コラーゲン注入は、「肌繊維を構成する成分であるコラーゲンを注入するのだから、肌細胞との相性は非常にいい」と思われていたのですが、実はそのコラーゲンは豚や牛由来のものが多く、これがアレルギー反応を起こさせるリスクがあるんですよ。

ヒアルロン酸もアレルギーリスクがゼロというわけではありませんが、それでも豚や牛由来のコラーゲンと比べると、格段にアレルギーリスクが低いのです。

ちなみに、すべてのコラーゲン注入が、アレルギーリスクが高いというわけではありません。ヒト由来のコラーゲンを使用すればアレルギーリスクの心配はほとんどありません。

「じゃあそれを使えば問題ないじゃない」と思われるかもしれませんが、実はこのヒト由来のコラーゲンは、ヒアルロン酸注入の人気に押されて生産中止になったものもあるなど、「入手の難しさ」という別のデメリットが出てしまっているのが現状なのです。

効果持続時間も短い!

コラーゲン注入の人気がなくなった理由は、アレルギーリスクの問題だけではありません。

ヒアルロン酸注入の効果が、おおむね半年から1年ほど持つのに対して、コラーゲン注入は数ヵ月から半年程度しか持たないことが多いんですよ。

しかも「効果が短い分、価格もヒアルロン酸注入の半額で済む」というわけではなく、ヒアルロン酸注入より少し安い程度なので、この点でもメリットを感じる人が少ないのです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ治療

ボトックス注入に適するしわ・適さないしわ

読了までの目安時間:約 3分

 

ボトックス注入とは、ボツリヌス菌が作り出すたんぱく質系毒素の「ボツリヌストキシン」を薄めたものを、しわが気になる部分に注射器で注入する、というものです。

「毒素を入れる」と考えると非常に怖いイメージを持たれるかもしれませんが、あくまで毒素は体には害を与えない安全性の高い量となっていますので大丈夫。

しわが気になる部分の筋肉をピンポイントで、毒素によってマヒ状態にすることで「表情を動かした時のしわの発生を食い止める」という形で、しわ対策に役立つのです。

ちなみに医療の世界でも、顔面やまぶたのけいれん治療に、このボトックスが使われていますよ。

ボトックス注入が適するしわ

ボトックス注入が適するしわとして挙げられるのが、目尻のしわです。「笑った時に目尻のしわがくっきり出るのが気になる」という人にとっては、頼もしい味方となってくれるでしょう。

また、ボトックス注入は額のしわにも適していると言われますが、実はこれには注意が必要。

ボトックス治療前と治療後

「普段は額にたるみがなく、表情を動かした時だけ額にしわが出る」という状況ならボトックス注入が適しているのですが、額のしわが、たるみによるしわであった場合、ボトックスで筋肉をマヒさせると、ますますそのしわが垂れ下がってしまう可能性が高いのです。

また、額の中でも、眉にかなり近い部分にボトックス注入をすると「眉があまり動かず表情が不自然になる」という状態にもなりかねませんよ。

ボトックス注入が適さないしわ

ボトックス注入が適さないしわの代表格として挙げられるのが、ほうれい線です。

「ほうれい線も、笑った時にくっきり出る表情じわなんだから、ボトックスが有効でしょう」と思われるかもしれませんが、口角が上がらなくなったり、口の動きそのものに支障をきたして「食事の際に、食べ物をきちんと噛めなくなる」というリスクがあるのです。

また、下まぶたのしわも、ヘタにボトックスで筋肉をマヒさせると、たるみ発生につながるリスクが高いのでおすすめできませんよ。

ボトックス注入の価格相場と効果の持続期間

ボトックス注入の価格相場はかなり幅広いですが、全体的には数万円~10万円程度の範囲内、というものが多いでしょう。

たまに激安のボトックス注入も見かけますが、その場合は「ボトックスビスタというボトックス剤をきちんと使用しているかどうか」をチェックして下さい。なぜなら、このボトックスビスタだけが、国内で唯一、表情じわ治療のためのボツリヌス治療薬として、厚生労働省の承認を受けている存在だからです。

激安のボトックス注入は、ボトックスビスタではない、質に不安のあるものを使っている可能性もありますので、注意が必要。

あと、ボトックス注射の効果持続期間は、おおむね半年程度となっています。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ治療

しわ対策におすすめのオイルあれこれ

読了までの目安時間:約 3分

 

乾燥によるしわを防止・改善するためには、「保湿性の高い化粧水や美容液をしっかり肌になじませる」というだけでなく、特に乾燥しがちな部分については、油分をプラスすることも大切です。

しかし、市販のクリームの中には、石油由来の鉱物油や、肌リスクの高い防腐剤や合成界面活性剤などをたっぷり配合しているものも多いため、商品選びは意外と難しいものです。

そこでおすすめなのが、「クリームではなく良質なオイルをつける」というやり方です。そのために使える、肌にやさしいオイルをご紹介しましょう!

おすすめのオイルはこれだ!

クリーム代わりに使いたい、おすすめのオイルとしては

  • ホホバオイル
  • マカダミアナッツオイル
  • イブニングプリムローズ(月見草オイル)

などが挙げられます。

それぞれのオイルの特徴を簡単に説明すると、まず、ホホバオイルについては「人の肌との相性がバツグンで浸透性が高いのでべたつきにくく、酸化もしにくい」というのが挙げられます。初心者でも扱いやすく、価格も手ごろですので、まずはこれから試すのがおすすめです。

マカダミアナッツオイルは、こちらもホホバオイルと同様に肌に浸透しやすく酸化しにくいというだけでなく、さらに「ホホバオイルよりも保湿力が高い」という特徴も持っていますので、乾燥が特にひどい人におすすめですよ。

イブニングプリムローズは、敏感肌でも肌トラブルが起こりにくい安全性の高さと、女性ホルモンコントロール作用による美肌効果が大きなメリット。

ただし、イブニングプリムローズは酸化しやすいという弱点を持っていますので、冷蔵保存する必要がありますし、日光などに当たる日中の使用はおすすめできません。使用は夜のみにして、朝の洗顔できちんと落とすよう心がけましょう。また、使用感はやや重いので、「他のオイルより軽めにつける」ということも心がけたいですね。

補助的なオイルとしてはこちらもおすすめ!

おすすめのオイルを3種類ご紹介しましたが、補助的なオイルとしてはアボカドオイルもおすすめです。

このオイルは使用感がとても重いので単独では使いにくく、「他のオイルに少量だけ混ぜて使う」という使い方でないとキツイですが、角質層をやわらかい状態に保つ作用にすぐれているので、乾燥じわを作る「肌のヨレ」対策には、なかなか効果的ですよ。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

アンチエイジングのために「夜の飲み物」を工夫しよう!

読了までの目安時間:約 3分

 

しわ・たるみを予防したり悪化させないために「夜の飲み物」を工夫するというのも意外と効果的です。

夜の飲み物の質しだいで、睡眠中の肌細胞のターンオーバーの良し悪しも違ってくるんですよ。

では、どんな飲み物がダメで、どんな飲み物ならいいのでしょうか?

カフェイン飲料はNG

夜の飲み物として避けるべきなのは、コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・コーラなどのカフェイン飲料です。

カフェインの覚醒作用が、寝つきを悪くしたり、睡眠の質を下げてしまうリスクがあるんですよ。

もちろん、「カフェインの摂取は、何が何でもダメ」というわけではありません。使い方によっては、いいリフレッシュ効果も得られますので、「ランチの後にコーヒーを飲んで、午後からの仕事もシャキッと済ませる」という感じで、日中の気分転換に1~2杯程度飲むのはOKです。

ただ、カフェインは摂取してから5~6時間程度、その作用が体内に残ると言われていますので、夕方以降のカフェイン摂取はNGというわけなのです。夜はあくまで、ノンカフェインにこだわりましょう!

ズバリ、ローズヒップティーがおすすめ!

ハーブティ

というわけで、夜の飲み物は「ノンカフェイン」であることが鉄則。

その中でもおすすめなのが、香り豊かなハーブティー。ハーブのいい香りで、まるでアロマのような癒し効果が得られるので、寝つきや睡眠の質を上げるにはもってこいです。

そして、そんなハーブティーの中でも特におすすめなのが、ローズヒップティー!ローズヒップティーは、バラの葉や花びらではなく、実を使ったもので、香りも味もバラというより「梅」に似た感じで、かなり酸っぱい味となっています。

「そんな梅みたいに酸っぱいものを飲んだら、目が覚めて寝つきが悪くなるのでは」と思われるかもしれませんが、ハチミツ等で甘みをつけると飲みやすく、スッキリとしたリフレッシュ感でストレス軽減効果が得られますよ。

そして何より、ローズヒップ最大の魅力は「ビタミンCの爆弾」と呼ばれるほどに、ビタミンCが濃厚であること。さらにビタミンCの吸収を助けるビタミンPまで含まれているので、「寝ている間に、ビタミンCの強力な美肌作用が得られる」という効果が期待できるのです。

ビタミンCは、抗酸化作用による老化防止や、コラーゲン生成促進作用が期待できる、しわ・たるみ対策の強い味方ですから、ぜひとも夜は、ローズヒップティーを飲みましょう!

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

市販のホームピーリング剤はしわ・たるみ対策に使える?

読了までの目安時間:約 3分

 

美容皮膚科・美容外科などでおこなわれるケミカルピーリングは、古い角質をスッキリ落としてターンオーバーを促進するため、肌繊維の生成効率もアップし、しわやたるみ対策としても有効性が高い手段だと言われています。

しかし、プロの手によるケミカルピーリングは意外と高価!しかも、きちんと効果を出すためには何度か通わないといけないので、お財布的には大ダメージです。もっと安価な、市販のピーリングキットを自分で使ってもいいのでしょうか?

市販のピーリングキットでも効果あり!

さて、結論から言えば、市販のピーリングキットであっても、ターンオーバー促進によるしわ・たるみ改善効果はじゅうぶんに期待できますので、おすすめです!

ただし、市販のピーリングキットは「プロの手によるケミカルピーリングよりは効果が弱い」ということは理解しておきましょう。

美容皮膚科や美容外科でのケミカルピーリングは、医師の目で個々の肌状態をチェックした上で薬剤をコントロールしてくれる分、高い効果が期待できますが、市販のピーリングキットは誰にでも簡単に使えるよう、安全性を重視しているため、作用はマイルドになっているのです。

ですから、「あまり即効性を求めず、長い目でつきあう」という心がけが必要ですよ。

どんなピーリングキットがおすすめ?

市販のピーリングキットの種類はいくつかありますが、おすすめなのが「顔に塗って洗い流すタイプ」および「ピーリング石鹸」です。

どちらも、肌にピーリング剤や泡をなじませる程度で済むので摩擦刺激が非常に少なく、洗い流すことでピーリング成分が肌に残りにくい、という2つの大きなメリットがありますよ。

これに対して、肌の上でこすって消しゴムカスのようなものを出すゴマージュタイプや、「洗い流さずつけたまま」の美容液タイプは、摩擦刺激の強さや、肌へのピーリング成分の残留という点で肌リスクが大きいので、おすすめできません。

また、ピーリング剤やピーリング石鹸は、肌につける時間や使用頻度を必ず守ることも大切。効果を高めたいと思って、長時間つけっぱなしにしたり、ひんぱんにピーリングを繰り返したりすると、肌に負担がかかってしまいますので注意しましょう。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

「たるみが原因となる目の下のクマ」の見分け方

読了までの目安時間:約 3分

 

目の下にクマができる主原因としては、血行不良・くすみやシミ・そしてたるみ、この3種類が挙げられます。

今、自分の目の下にあるクマの主原因はこの3つのうちどれなのか?その見分け方をご紹介しましょう!

たるみによるクマの特徴

たるみが原因となっているクマは、「たるみが影を作っていて、それがクマに見える」という状態です。下まぶた部分の肌繊維に弾力が無くなったり、目の周りの筋肉が衰えてしまうと、このクマが出やすくなります。

影によってできるこのクマは通称「黒グマ」と言われていますが、このクマの見分け方は簡単。

手に鏡を持ち、顔を真上に向け、その顔を鏡で見てみましょう。

上を向くと目の下のたるみ部分は重力で後頭部側に引っ張られるため、黒グマがほとんど消えたような状態に見えます。

つまり「上を向いただけでほとんど消えるクマ」はたるみによるもの、というわけですね。

その他のクマの見分け方

たるみによる黒グマ以外のクマとしては、血行不良による青グマと、くすみやシミによる茶グマがありますが、これらの見分け方としては「下まぶたのクマのある部分の皮膚を、指の腹で下に引っ張ってみる」というのがおすすめ。

「引っ張りによってクマの位置が移動することはなく、また、完全にはクマが消えずに青黒さが少し残っている」というなら血行不良による青グマの可能性が高いですし、「クマはほとんど薄くならず、皮膚の引っ張りとともにクマの位置も下に動く」というなら、くすみやシミによる茶グマの可能性大です。

ちなみにこの方法で完全に消えるクマは、たるみによる黒グマの可能性大ですよ。

つまり、黒グマの見分け方法は、上を向く方法と下まぶたを下に引っ張る方法との2種類があるので、一番判別しやすいのです。

たるみによる黒グマはどうやって改善する?

たるみによる黒グマはどうやって改善すべきなのかというと、まずは「コラーゲンや筋肉の主原料となるたんぱく質食品と、コラーゲン生成を促進するビタミンC豊富な食品を食べて、肌繊維や筋肉を作りやすくする」という内側からのケアと、外側からは徹底した保湿ケアをするのがおすすめ。

さらに、目の周りの筋肉を鍛えるために、「目を開いて、瞳を大きく右回り・左回りに回したり、上下左右に瞳を動かしたりする」という眼球運動を加えると効果的です。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

1 2 3 5