美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

元号は新しくなるのに、肌はなぜ老化する?

読了までの目安時間:約 2分

 

時代は替わり元号は新たに「令和」となりました。それなのに、年齢を重ねていくによる自然な老化は、回避できないのでしょうか?

歳をとると、角質層では表皮のターンオーバーが遅くなってくるらしい。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のこと。表皮は基底層で新しい細胞が作られると、皮膚表面に向かって少しずつ変化しながら押し上げられ、最後にはフケや垢となってはがれることになります。

ターンオーバーが遅くなって女性ホルモンも減少

表皮のターンオーバーが遅くなると、次第に健康な角質細胞をつくれなくなり保湿機能が低下。年齢とともに肌が乾燥してくるのはこのためです。真皮では線維芽細胞が減少し、コラーゲン線維や弾力線維(エラスチン)をつくる能力が衰えてきます。また女性ホルモンも減少するのでコラーゲンが正常でなくなってくるのです。

真皮は、多くの水分を含んだ厚い層で、肌のハリや弾力の源となる層なのです。 加齢によって真皮の水分をかかえているヒアルロン酸なども減少し、肌のハリをつくる構造そのものがゆるんできます。

ここで、肌の老化を回避するためのキーワードが揃ってきましたね。保湿コラーゲンヒアルロンサン。これら有効成分を含有する乳液やクリーム、ローションを早い時期から使い出すことをおすすめします。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

40歳代でコラーゲンは半減?

読了までの目安時間:約 2分

 

コラーゲンは、必要に応じて体内でアミノ酸を原料につくられています。毎日の食事から摂取したタンパク質はペプシンやトリプシンという消化酵素によりアミノ酸に分解され吸収されるのです。その後、酵素の働きによっていろいろなタンパク質へとつくり替えられます。

コラーゲンもこれと同じような感じでつくられているのですが、他のタンパク質とは異なり、つくられたコラーゲンは、ずっとそのままでいるわけではなく、一定の期間が経過するとアミノ酸に分解され、代わりに新しいコラーゲンがつくられるという新陳代謝を繰り返します。

しかし、加齢とともに新しいコラーゲンはつくられにくくなってきます。体内に残った古いコラーゲンは新鮮なものに比べて柔軟性がありません。水分も保たれにくくなってしまいます。弾力があってプルプルの肌はこうして失われてしまうのです。

そして体内に含まれるコラーゲンの量は年齢とともに減少し、40歳代ではコラーゲンの量が20歳代の半分になってしまうといわれております。このようにコラーゲンの新陳代謝が活発でなくなり、古いコラーゲンが増えてしまうことが、肌の老化の最大の原因なのです。

肌を構成する成分の約70%はコラーゲン

キウイ

化粧品やサプリメントのコマーシャルでやたらと出てくるコラーゲンというキーワード。ではなぜ、コラーゲンなのか?実は肌(皮膚)を構成する成分(水分を除いた乾燥重量)の約70%はコラーゲンなのです。

コラーゲンは繊維状のたんぱく質で、細胞と細胞の間をつなぐ重要な役目をはたしております。若く見える肌、ハリのある肌はコラーゲンによって保たれているのです。

コラーゲンは、からだの中で皮ふや骨、軟骨、腱、血管などに多く含まれております。体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)のタンパク質があり、その約30%がコラーゲン(体重の約5%)ということです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

老眼鏡で見たら、しわが…。

読了までの目安時間:約 3分

 

一番はじめに生じる老化現象は視力であると、よく言われます。実は、ある日、気がつくと目の前の本を離して見ていたのです。そのころはまだ30代の後半くらいで、まだしわとかしみなんか他人事だった平和な時代でした。

確かに目の老化は早い。目と本との間をマジで離さなければならなくなったことに気づいたのは、満員電車の中で単行本を読めなくなったときです。40歳をすぎたばかりのころ、私は1.0という一番弱い老眼鏡を購入しました。

そして40の後半、紫外線の後遺症が…

そして40の後半に突入。原則として細かい文字を見るときだけにしか必要ではないのだけど、1.5と2.0を使い分けるようになってきた。そして鏡をのぞくときに、その2.0という虫メガネのような老眼鏡を使ったときに、自分のまぶたにあるしわを発見してしまったのです。これが老化というものを意識しはじめたきっかけだったような気がします。

光老化をいう言葉がありますが、40歳すぎてからもプールサイドで日焼け、しょっちゅう通った海釣り公園で日焼け、ドライブ中の日焼けと、紫外線なんかまったく気にしていなかったことに、今さら後悔しました。

しかし後悔なんかしていても仕方ないので、さてどうするか?ということでアンチエイジングに目覚めることになったのです。そしてまず行なったことは、コエンザイムQ10(ユビキンノン)入りのローションを購入して毎晩、顔に塗りたくることでした。

最初に買ったのはDHCのやつでしたが、いま使っているのはコーセーのバイタルエイジQ10ミルキィローションという乳液。ほぼ成分は同じ感じですが、こちらには海洋性コラーゲンが配合されております。

どちらもふっくらハリを与えてくれるので、細かいしわには効果があります。グリセリンという保湿成分も配合されており、この効果もあるのでしょう。

とにかくしわとかしみについて、色々と調べるてみると肌には乾燥と光が良くないということを痛感します。手の甲にできた大きいしみも気になってきた。そして法令線という小鼻から口元にかけてできる大きなしわもです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

しわ取りクリームや化粧品のほとんどは肌に浸透していない

読了までの目安時間:約 6分

 

はたして、市販のクリームや化粧品でしわやたるみを解消できるのでしょうか?コラーゲンなどのしわクリームを直接肌に塗っても、気休めにしかなりません。

ぷるぷると保湿効果はあるものの、しわやたるみが改善するようなコラーゲンの本当の威力は実感できていないのが実情です。

どんなにしわに効果的な成分でも脂で覆われた人の肌にその成分を浸透させることは非常に難しいことなのです。多くの化粧品の配合成分は、実は、肌に浸透せず、本来の効果を発揮しないまま洗顔やシャワーで流れてしまっていたのです。

正確にお話ししましょう。「浸透テクノロジー」を採用した製品を除き、ほとんどのしわ取りクリームや化粧品は、有効成分を肌に浸透させることができません。

浸透テクノロジーの驚くべき効果

改善イメージ

有効成分の濃度をアップさせた化粧品も人気がありますが、それは浸透させることができれば、の話です。

しわに効果のある3大成分(ビタミンC・コラーゲン・ペプチド)は本来お肌に浸透しません。これからは浸透テクノロジーが使われているかどうかをチェックするべきだったのです。

有効成分が浸透すると、しわやたるみがお肌の内側から驚くほど改善されるのです。
※写真は、浸透テクノロジーを採用したb.glenサイエンスコスメによる改善例です。

しわクリームのビタミンCが浸透~頬のたるみジワに効果

しわクリーム

ビタミンCがお肌の奥までしっかり浸透すれば、頬のたるみジワが消えて、つやつやとした若々しいお肌が甦ります。同時にお肌の組織のコラーゲン層を刺激して、ハリのあるお肌が作られます。

一般的な製品には、壊れやすく浸透しにくいビタミンCの代わりに、ビタミンC誘導体という化学成分が使われております。しかしビタミンCは本来のビタミンCのままたっぷりと浸透させることができれば、その方がはるかに効果的なのです。

ビタミンCの濃度をいくら強調しても、それは気休めにしかなりません。浸透しなければ全く意味がないのです。そこで必要になるのが、浸透テクノロジーというわけです。最新の浸透テクノロジーが使われている製品は、その効果も早くなおかつ持続的です。ビタミンC製品選びは、その濃度ではなくテクノロジーの有無で判断するべきです。

欧米では浸透テクノロジーの研究者、ブライアン・ケラー博士の特許を使用したb.glen社の製品が話題になっております。

しわクリームのコラーゲン~本来はお肌に浸透しにくい成分

小じわ

目元のちりめんジワの原因は、お肌の乾燥です。しかし単に保湿していても、乾燥ジワは改善しません。保湿力を高めないと、すぐにまた乾燥してしまうからです。

保湿力を高めると成分であるコラーゲンは、お肌にとても浸透しにくい成分です。コラーゲンは、浸透テクノロジーを使って初めてお肌の中まで浸透し、そこで水分を蓄えるタンクの役割をするのです。水分がたっぷりあれば、乾燥しにくい潤いのある肌が持続して、シワになりにくいのです。

しわクリームのペプチドが浸透~お肌の修復が始まります

目元、口元の深いシワの原因は…?、それは加齢によってお肌のアミノ酸が徐々に失われているからです。新しい肌細胞はこのアミノ酸からできています。そのアミノ酸をバイオテクノロジーで集合させたのがペプチドと呼ばれる新しい成分です。

しかし、ペプチドはコラーゲンと同様に配合しただけでは、お肌に浸透してくれません。やはり浸透テクノロジーがあって初めてお肌の奥まで浸透し、本来のお肌の修復効果を発揮するのです。

アメリカでは医療テクノロジーをコスメに

トライアルセット
トライアルセット1,944円(送料無料)

アンチエイジング医療の最先端・アメリカで開発された国際特許の浸透テクノロジーがサイエンスコスメを大きく進化させたことをご存知でしょうか?

お肌を細胞レベルから修復させる、このテクノロジーを採用したb.glen社の製品がアメリカではすでに人気となっております。

国際特許の浸透テクノロジーを唯一採用しているb.glen社のサイエンスコスメは、1,944円(送料無料)のトライアルセットでその効果を実感することができます。(電話勧誘がないので、気楽に申し込むことができました。)

 

しわ・たるみ しわ・たるみ化粧品