ヒゲを毛抜きで抜く方法と痛み・肌荒れのケア

更新:

実際にヒゲを抜くとどうなるのか、その方法自体が正しいのかどうか、抜いた後に使うクスリと注意点、青ひげや毛のう炎のブツブツを目立たなくするにはどうしたらいいのか?私が実際に行ってきた方法を記しておきたいと思います。

ヒゲを毛抜きで抜いた経験者が語る「痛み」「方法と注意点」

ヒゲを「毛抜きで抜く派」は意外と多い!?

脱毛についてネットで調べたのですが、ひげを毛抜きで抜いている人は意外と多いようです。そんな「毛抜きで抜く派」の皆様にお届けする、実際にひげを抜くとどうなるのか?その処理自体が正しいのかどうか?ヒゲ脱毛のひとつの方法として考えてみました。

抜いていくうちに痛さは軽減される

まず、毛抜きで抜くにはある程度伸ばさなければなりません。

ひげの濃い人は毎日きちんと剃っているはずですから、休日の朝などはひげを剃らずに夜まで伸ばしてやっと抜けるかどうかというところでしょう。

でも気にしないで、たまには不精ひげのまま通勤や通学というのも悪くないと思います。

さて、実際に抜くとなると、かなり痛いです。人によって痛い部分が違うようですが、肌の柔らかい部分はやはり痛くて当然です。でも痛みにこらえて抜いていくうちに痛さは軽減されます。

毛抜きで抜く方法と注意点

抜き方については、ひげの伸びた方向にまっすぐ抜くよりも、若干角度をつけて毛穴を広げながら抜くと根本から抜けやすいように思えます。個人差もあると思いますので、ご自身で試してみてください。

根本から抜けないと、そこから伸びてきたひげが今度は抜きにくく、見た目も汚くなるので慎重にやってみてください。

抜けやすいひげと、抜けにくいひげがあります。慣れてくると引っ張った瞬間、カンタンに抜けるかどうかが分かるようになります。そして終いには、私のように引っ張る前に分かるようになってしまいます。

注意事項として、抜いた後は必ず赤くはれたようになります。そして炎症をおこしてにきびのようになりますので、にきび薬や消毒用のぬり薬を塗っておくことです。私はクレアラシルやオロナイン軟膏を使っていました。

ヒゲを毛抜きで抜いた後の肌荒れケアはニキビの薬を塗る

ヒゲを抜いた後にできる「赤いポツポツ」の正体

毛抜きでまゆを整えたりするように、ひげを剃るだけでなく、抜いて処理している方もいらっしゃるかと思います。でも、抜いた後にポツポツと赤いニキビのようなものができることはありませんか?

これは毛抜きの際、肌の表面からバイキンが入って毛のうが化膿して起こります。カミソリで剃ったときもそうですが、抜いたときはなおさらです。このような肌の状態では、ひげ剃りあとが目立って仕方ありません。

そこで私が行っている方法は毛抜きやひげ剃りのあとにニキビの薬を塗るということです。肌を保護する作用がある方がいいので「アクアチムクリーム」や「アクアチム軟膏」などを使っています。これらは処方薬なんですが、薬局のニキビ薬でもOKです。

アフターシェービングの後に、毎回予防として塗るのいがいいのではないでしょうか。クリームや軟膏なら皮膚を保護する効果もあります。

クレアラシル 秘密の活用法

それに加えて私が今使っているのは、「クレアラシル」という市販のニキビ薬です。中学生向けにコマーシャルされていた記憶がありますので、買うときにちょっと抵抗があるのですが…。

私がおすすめしたいのは、ただの「クレアラシル」ではなく、クレアラシルの「肌色タイプ」というやつです。

女性が使う化粧品でいうとコンシーラーのような感じでしょうか。いや、そこまでは強力ではありませんが、これならニキビが目立たないばかりか、ひげ剃り後の「青いひげ剃りあと」も目立たなくすることができるのです。ひげの濃い方にはおすすめのノウハウでした。

脱毛器おすすめ - 今の脱毛器はスゴイ!【昔の家庭用脱毛器】体験談

自宅用脱毛器(全体像)

毛深いことに相当悩んで、いろいろな脱毛方法を試してきた管理人による、家庭用脱毛器で「いったい何年かかるんだ!?」という苦労話的な体験談。ダイオードレーザーを搭載した最先端の家庭用レーザー脱毛器を入手した今では笑い話のようですが…。

このサイトでは、家庭用の脱毛器について解説しておりますが、もちろん管理人は毛深いことに相当悩んで、医療従事者になる前から、いろいろな脱毛方法を試してきた経験者です。

ここではその体験の中から、初期の苦労話を記したいと思います。

20年ほど前の家庭用脱毛器の体験談です

濃いヒゲに悩んで、脱毛クリームや毛抜きで抜いちゃったりだとか、濃い毛がうすくなるという塗り薬も使ったことがあります。

これは20年以上前に買った家庭用の脱毛器です。残念ながらレーザーとかフラッシュではありませんが、買ったときは、ホント期待しました。

いったい何年かかると思っているのだ!

家庭用脱毛器のハンドピース

いや〜、昔は大変でした。なにが大変かというと、写真(2枚目)のはさみみたいな部分でムダ毛を1本ずつつまんで、処理しなければならず、時間がやたらかかりました。

つまんだところから高周波だか低周波だか分かりませんが、電気的なエネルギーがつまんだ毛の毛根まで伝わり、ダメージを与えるのです。

そうすると軽く引っぱるだけで、つまんだ毛が(説明書通りであれば)30秒くらいでスルーッと抜けるというのです。たしかに30秒くらいで抜けるものもあれば、2〜3分かかる毛もありました。

そして中には何分たっても抜けない毛があり、強引に引き抜いたりしたこともありました!(強引に抜いたヒゲはたぶんまた同じ毛根から生えてきたのだと思います)

そしてもう一つの問題は、毛根にダメージを与える、高周波だか低周波だかの電磁波の影響で頭がボーっとなってくるのです。説明書には1回の使用時間は15分とか30分にしてくださいと書いてありましたが、それでは全然追いつかないので、私は1時間くらいやりました。

まゆ毛とかヒゲの一部には成果があったが…

家庭用脱毛器のスイッチ

ま、当時はヒマだったから良かったのですが、それでも結局いくら時間をかけたところで、まゆ毛とかヒゲの一部に成果はあったものの、足とか腕とかのムダ毛を処理したり、ヒゲ全体を薄くしたりほどの成果はあがりませんでした。

それでも当時としては、高性能な部類だったと思います。たしか 50,000円くらいしたはずですから。

メニュー

医療脱毛

ビューティ

ダイエット/アイソメトリックス

化粧品

ピーリング石鹸 - おすすめの選び方&効果的な使い方ガイド