トリア・パーソナルレーザー脱毛器なら「医療レーザーと同等のヒゲ脱毛」が可能

更新:

トリア脱毛器

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X (以下、トリア脱毛器)は、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社のLightaSheerの開発に携わってきた研究者チームが開発した家庭用レーザー脱毛器です。


トリア脱毛器 おすすめの理由・メリット

  1. 低予算(仮に両腕 + 両足なら医療レーザーの約5分の1)
  2. 自宅で好きなときに使える
  3. 医療用レーザーと同様の効果が期待できる

当初は価格が高く購入を諦められた方が多かったようですが、この度大幅な価格改定がなされました。従来機よりも性能がアップしたにもかかわらず、5万円を切る価格に(税込48,000円)。

他の家庭用脱毛器で満足できなかった方、まともな脱毛効果が得られなかったという方が購入しているようです。

詳しくは トリアビューティー【公式サイト】 をご覧下さい。

ハイパワー・ダイオードレーザーを搭載

毛根を効果的に熱処理できるだけの出力があるハイパワー・ダイオードレーザーを搭載、併せて安全性も十分配慮されております。

メーカーの説明では、毛周期のサイクルにあわせて6〜8ヶ月間定期的に使用すると書いてありますが、個人差がありますし部位によっても違います。でも、1〜2ヶ月でかなり薄くなったな〜と実感できます。

トリア脱毛器は男性のヒゲに最適

ヒゲ脱毛に使える唯一の家庭用レーザー脱毛器

「トリア4X」は、鼻より下の部分であれば顔(ヒゲ)にも使用できます。

この家庭用レーザーは安全性の部分で、相当配慮されております。顔には使わないで下さいという機種が多い中で、「鼻より下の部分であれば」顔のヒゲにも使用できるのです。
ヒゲのレーザー脱毛を自宅でできる…、これはかなり画期的なことなのです。

医療レーザーと比べた場合、パワーでは劣りますが、これは若干時間を要するというだけで、「きちんとした脱毛処理」が可能。

もともとひげの脱毛は、腕や脚の脱毛にくらべると面積が非常に狭いので、毛包(毛根を包んでいる組織)にダメージを与えられるだけの一定以上のパワーがあれば、時間的な問題はあまり気にならないのです。

毛包にダメージを与えられるだけのパワーが必要

「トリア4X」で定期的に脱毛処理をしていくと、医療用のレーザーほどではありませんが、ほてりやヒリヒリ感を感じることがあります。これは毛包が処理されている証拠です。

このほてりやヒリヒリ感という感覚には、個人差もありますが、理論的には毛の生えている密度に比例します。なので、お手入れする箇所にある毛が少なくなったように感じてきた頃、そのような感覚も減っていきます。

医療レーザーでは必ず毎回テスト照射を行いますが、「トリア4X」でも最初は出力を低めに設定することをおすすめします。
効果・安全性を自分で実感しながら使えるように、レーザー出力のレベル設定は、5段階で調整できます。

詳しくは トリアビューティー【公式サイト】 をご覧下さい。

毛包にダメージを与えられるだけのパワーがあって、「ひげ(顔)に使ってOK ※但し鼻より下の部分のみ」と謳えるだけの安全機能が備わった脱毛器は、私の知る限りこの「トリア4X」1機種しかありません。

メニュー

医療脱毛

ビューティ

ダイエット/アイソメトリックス

化粧品

ピーリング石鹸 - おすすめの選び方&効果的な使い方ガイド