美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

わきが治療、多汗症治療、わきがレーザー治療、多汗症レーザー治療・手術とボトックス注射

読了までの目安時間:約 4分

 


以下の項目に思い当たる方は、わきが・多汗症であるか、またはわきが・多汗症になる可能性があります。

  • 他人からニオイがきついといわれたことがある。
  • 耳垢が柔らかく、湿っている。
  • 汗を多くかくと、シャツに黄ばみが残る。
  • 家族にワキガの人がいる。
  • 自分で自分の臭いがわかる。
  • 緊張したり、興奮したりすると、じっとりと汗をかく。
  • 乳製品や肉類、脂肪分の多いたべものが好き。
  • 体毛が濃い。
  • シャワーを浴びても2~3時間で体臭が気になる。

わきが、多汗症のレーザー治療とボットクス注射

わきが対策  わきが・多汗症に悩む方に
左右のわきに約15分レーザーを照射し、わきの下のアポクリン腺とエクリン腺を分解するだけで、気になるわきが・多汗症が治療されます。

わきが・多汗症治療の流れ

局所麻酔(ボトックス入り) → レーザー治療 → 軟膏ケア となります。
※治療の際に剃毛を行ないます。

皮膚の構造画像

わきが/多汗症/レーザー治療/ボトックス注射

レーザー治療とボトックスを併用する事によってそれぞれの長所を活かし、効果が高まります。

【レーザー治療】痕が残らず、効果が高い治療法

局所麻酔後、左右で5分~10分程度のレーザー照射を行い、汗とニオイの元となるアポクリン腺とエクリン腺を分解します。治療時間が短く、痛みも少ないので治療直後から通常どおり働くことも出来ます。切らないので傷痕も残りません。

【ボトックス注射】汗が気になる方に特に効果的

注入されたボトックスが交感神経のレセプターに作用して強力に制汗します。効果の持続期間に個人差がありますが、レーザーと併用するとそれぞれの長所を活かし、ほぼ100%の効果が期待出来ます。

治療Q&A

手術の痛みは無いですか?

レーザー治療の場合も局所麻酔を使いますので、麻酔をする際の痛みは多少ありますが、治療中の痛みは心配ありません。

多汗症のレーザー治療を受けたのですが、いまだに茶色い痕が残っています。元の白い肌に戻すことは可能でしょうか?もし市販されている薬で色を落とすことが出来るのであればその薬の名前を教えてください。

医師が症状を実際に見ないと正確なお答えはできませんが、診察の際に医師が必要と判断すれば、ハイドロキノン等の美白クリームが処方されます。

治療をするのに夏とか冬とかの最適な時期はありますか?

治療時期に関しては、特に季節に関係ありませんが、レーザーを照射した際に一時的に患部が赤みをおびますので、長袖の時期の方がよろしいかと思います。

レーザー治療とボトックス治療の併用で最短は何回くらいで治りますか?

レーザーとボトックス治療の場合、通常は1回で終了しますが、症状によっては複数回治療を行なう場合もあります。

中学生の娘が昨年夏ごろからわきがで悩んでいます。中学生で治療は出来ますか?

中学生の治療も可能です。

以前他の病院で足の裏の汗を抑える注射をしてもらいました。同様の治療は可能でしょうか?

多汗症の治療では、ワキの場合レーザー治療とボトックス注射を併用するケースが多く、手のひらや、足の裏の場合はほとんどの場合ボトックス注射での治療になります。以前行かれた病院での治療は、おそらくボトックス注射かと思います。

多汗症で悩んでいます。特に気になるのはワキです。入浴後、タオルで拭いている時に既に汗をかいています。ワキガの臭いはしないのですが、治療を検討しています。治療方法を教えて下さい。

ワキガ・多汗症の治療としては、レーザー治療とボトックス注射があります。局所麻酔の後、左右で5分~10分程度、汗とニオイの元となるアポクリン腺とエクリン腺にレーザー照射を行い、治療します。汗を抑えるボトックス注射とのセットは初回カウンセリングにて医師とご相談ください。

 

健康 健康治療

この記事に関連する記事一覧