美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

プラセンタで期待できる「アレルギー症状」対策

読了までの目安時間:約 3分

 

アトピー性皮膚炎や花粉症などをはじめとしたアレルギーは、現代医学では「完全に治すのは困難で、基本的には薬や生活改善等でアレルギー症状を抑えて上手くつきあっていくしかない」という状況なのですが、かと言って、ステロイド薬や抗ヒスタミン薬などの薬をずっと使い続ける、というのも怖いですよね。

「薬の量をじょじょに減らしたい、いつかは薬なしでもやっていけるような状態に持っていきたい」と考える人に、プラセンタは試す価値のある存在です。

プラセンタがアレルギー症状の軽減に役立つ理由

なぜ、アレルギー症状に悩む人にプラセンタがおすすめなのかというと、プラセンタは、免疫機能を整え、強化してくれる作用が期待できるからです。

アレルギー症状が出てしまう大きな原因は、「免疫機能の暴走による異物への過剰反応」。

これは、「免疫機能が強すぎて反応も過剰になってしまう」というわけではなく、むしろ「免疫機能が弱っていたり乱れていたりして、正常な判断力を持っていない」という状態に近いのです。

判断力がおかしくなっているからこそ、攻撃する必要のない異物にまでいちいち反応してしまうことで、アレルギー症状を引き起こしてしまうんですよ。

プラセンタは、心身の機能全体を整える作用にすぐれており、この作用は免疫機能にも生かされます。免疫機能を正常かつ力強い状態に持っていくことによって、「免疫機能の判断ミスによる過剰反応」を抑えるのです。

医学雑誌の報告にも注目!

プラセンタによるアレルギーの改善作用は、医学雑誌の報告においても確かめることができます。

たとえば「アレルギーの臨床」2012年3月号に掲載されている「ブタプラセンタエキスによる抗アレルギー作用」では、「豚プラセンタの投与で、ヒスタミンなどのアレルギー反応物質がばら撒かれる量がぐっと減少した」という趣旨の報告がなされています。

また、「Pharmacometrics」2015年11月号に掲載の「Placenta extracts selectively promote the proliferation of specific progenitor cells derived from murine marrow in vitro」でも、「プラセンタによって『免疫前駆細胞(これが増えれば免疫力の向上にもつながる)』が増えた」という趣旨の報告が発表されました。

 

健康 プラセンタ

この記事に関連する記事一覧