美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

プラセンタで期待できる「免疫力の低下」対策

読了までの目安時間:約 3分

 

免疫力の低下は、最悪の場合、肝臓・腎臓・心臓などの重要な臓器の病や、ガンなどのリスクを大幅に高めてしまう可能性があります。

しかもこの免疫力というのは、加齢とともにどんどん低下していくもの。40代以降、さまざまな病が出やすくなるのも、この加齢による免疫力低下の影響が大きいと言われています。

そんな免疫力の低下に歯止めをかけるために、プラセンタを試してみませんか?

まずは免疫力低下危険度をチェック!

さて、まずは、あなたの免疫力について、現時点で問題がないかどうかを簡単にチェックしてみましょう。

  • 風邪を引きやすく、しかも症状が長引いたり、悪化することが多い。
  • 傷の治りが遅い。
  • 口内炎ができやすい。
  • 疲れが溜まった時は、唇あたりにヘルペス(熱の花)ができてしまう。
  • 便秘や下痢などの症状によく悩まされる。
  • アトピー性皮膚炎だ。
  • 花粉症だ。
  • 体温が36℃よりも低い。
  • 肌荒れがひどい。
  • 休んでも疲れがいつまでも抜けない。

ひとつでも当てはまったら、あなたの免疫力は黄信号です。

プラセンタが免疫力低下対策に使える理由

プラセンタが免疫力低下対策に使える最大の理由として挙げられるのが、「免疫力の『元』となる免疫前駆細胞を増やす作用を持っているから」ということです。

加齢による免疫力の低下を、プラセンタによる「免疫力の『元』増加」によって補える、というわけですね。

そしてプラセンタのメリットは、これだけではありません。

プラセンタには、高い血行促進作用や造血サポート作用があるため、血行不良や「血の薄さ」による冷え・低体温を改善できる効果も期待できるのです。

「体温が1℃下がれば、免疫力は約30%も低下してしまう」と言われていますが、プラセンタはその点もバッチリサポートしてくれるというわけですね。

また、プラセンタは自律神経の働きも整えてくれるので、自律神経の乱れによる免疫力への悪影響を防ぐのにも役立ちます。

こうして見ると、免疫に対するプラセンタの働きは、非常に幅広く頼もしいものである、ということが分かりますね。

 

健康 プラセンタ

この記事に関連する記事一覧