美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

プラセンタで期待できる「うつ症状」対策

読了までの目安時間:約 3分

 

わけもわからず落ち込んだり、悲しい気持ちになったり、強い不安を感じたり、などのうつ症状が出てしまった場合、あなたはどうしますか?

うつ症状の治療は「カウンセリングの上、医師に抗うつ薬の処方をしてもらう」というのが一般的ですが、しかし、抗うつ薬による治療というのは、意外とリスクが高いのです。

抗うつ薬によるうつ症状治療のリスク

「抗うつ薬のリスク」としてまず思いつくのが、薬そのものが持つ副作用のリスクですが、問題はそれだけではありません。

実は、今のところ「すべての人のうつ症状に効く抗うつ薬」というものは存在しません。個人個人によって、薬との相性の良し悪しに違いがあり、「処方された抗うつ薬と相性が悪いと、よけいに症状がひどくなってしまう」ということにもなりかねないのです。

また、運よく相性のいい抗うつ薬が処方されたとしても、長く使い続ければ、その薬に耐性ができて、だんだん効かなくなってきたり、薬の服用量や回数を自己判断でどんどん増やしたがる薬物依存などにおちいる、ということも少なくありません。

そんな、副作用と相性面のリスクを覚悟で通院する前に、まずはプラセンタを試してみませんか?

プラセンタでうつ症状改善が期待できる最大の理由

プラセンタでうつ症状の改善が期待できる最大の理由として挙げられるのが、神経細胞増殖因子・NGFの存在です。

このNGFは、自律神経を構成する神経細胞の増殖をうながし、弱り、乱れてしまった自律神経を正常な状態に調整する作用があるのです。

うつ症状の大きな原因となっているのが自律神経の乱れですから、ここをNGFの作用でカバーできる、というのは非常に大きいメリットとなるわけです。

ホルモンバランス調整作用によるメリットも!

プラセンタでうつ症状の改善が期待できる理由は、もうひとつあります。

それは、「ホルモンバランスの調整作用によって、幸せホルモン・セロトニンや、やる気ホルモン・ノルアドレナリンなどの分泌も正常な状態に導く」ということ。さらにプラセンタには、アミノ酸も豊富に含まれており、このアミノ酸は、セロトニンやノルアドレナリンの原材料ともなります。

うつ症状を抱えている人の多くはセロトニンとノルアドレナリンの分泌量が不足し、バランスも乱れていますので、プラセンタによってこれらの点もカバーできるというのは、とても頼もしいですよね。

 

健康 プラセンタ

この記事に関連する記事一覧