美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

プラセンタ、種類ごとの違いってある?

読了までの目安時間:約 5分

 

サプリ・ドリンク・注射・さらにスキンケア用品などに使われるプラセンタは、すべてが同じものではなく、いくつかの種類があります。

種類ごとにどんな違いがあるのか?まずはそれについてお話ししましょう!

ヒトプラセンタ

人間由来のプラセンタであるヒトプラセンタは、プラセンタ注射に使われるプラセンタ。

人間の体との相性がバツグンにいいのが最大のメリットですが、日本ではサプリへのヒトプラセンタ配合は制限がかかっており、基本的には医療機関経由でしかヒトプラセンタ配合のサプリは入手できない、という状況になっています。

豚プラセンタ

豚由来のプラセンタは、プラセンタサプリの原材料としてもっとも多く使われているものです。牛プラセンタが狂牛病問題で使用禁止となってから、その代わりとして一気に人気を集めるようになりました。

豚プラセンタのメリットは、価格が手ごろだということ。
「豚プラセンタサプリは、同じ価格なら他よりプラセンタをたっぷり配合できる」あるいは「プラセンタ配合量が普通レベルなら他より安くできる」ということになります。

そしてもうひとつ、実は、人間と豚はかなり「近い存在」であるというのも、大きなメリット。

豚の細胞や臓器を人間に移植するという「異種移植」が世界の医学界で注目されており、しかもその実現は遠くないと言われているほどに近い存在なのです。

これほど近い存在であるからこそ、豚プラセンタと人間の体との相性はかなり良好であると言えるわけですね。

ただし、豚プラセンタの品質はピンキリで、日本SPF豚協会の衛生管理基準を守って飼育・生産されたと認定されているSPF豚や、厳しい安全基準をもうけ、さらに生産地や生産・流通の過程を追跡できるトレーサビリティの豚などはきわめて安全性が高いですが、一般的な豚を使っている場合、その豚に大量の抗生物質やワクチンが投与されている可能性が高いので、おすすめできません。

豚プラセンタサプリを選ぶ場合は必ず、SPF豚やトレーサビリティの豚など、安全性にこだわっていることが分かる豚由来のものを選びましょう!

馬プラセンタ

豚プラセンタに次いで人気なのが、馬プラセンタです。

馬プラセンタのメリットは、含有アミノ酸量が豚プラセンタよりもさらにすぐれている、ということ。

豚プラセンタと同じ量を摂取した場合、馬プラセンタのほうが1.2倍ほど多くのアミノ酸を摂取できます。

また、馬自体が「抗生物質やワクチン等を使わなくても病気になりにくい」という特性を持つことから、SPF豚に負けない安全性の高さがあるという点も魅力ですよ。

あともうひとつ、馬は豚よりもアレルゲンとなりにくいので、「豚アレルギーの人でも、馬プラセンタなら大丈夫、というケースも多い」という点も大きなメリットです。

ただし、馬は豚よりも出産数が少ないため、馬プラセンタは豚プラセンタよりも高価になってしまうというデメリットもあります。

その他のプラセンタ

その他のプラセンタとしては、植物性プラセンタや羊プラセンタなどが挙げられます。

植物の胎盤と言える「胎座」から抽出する植物性プラセンタは、おもにスキンケア用品に使われており、サプリやドリンクなどにも配合されていることがありますが、安全性は高いものの、「植物の胎座と動物の胎盤とではアミノ酸等のバランスがまるで違う」「プラセンタの大きなメリットである成長因子が含まれていない」などというデメリットがあります。

羊プラセンタは「人間の胎盤組成にかなり近いので相性はいい」というメリットを持つものの、狂牛病の羊バージョン「スクレイピー・ヨーネ病」のリスクがあるということで、日本での使用は原則として禁止されています。

海外のサプリでは羊プラセンタが使われているものもありますが、逆に言えば、そうしたものを個人輸入しない限りは「羊プラセンタは日本人にとって縁のないプラセンタである」と言えますね。

 

健康 プラセンタ

この記事に関連する記事一覧