美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

気をつけよう!生理前は毛穴の状態が悪くなる!

読了までの目安時間:約 2分

 

女性にとって、生理前・生理中というのはいろいろやっかいなことが多いです。

そして、そんな「生理に関するやっかいごと」のひとつとして「生理前の毛穴の状態の変化」というのが挙げられます。

実は、生理前というのは、毛穴の状態が悪化しやすい要注意時期なんですよ。

黄体ホルモンが毛穴に悪影響を及ぼす

生理前に毛穴の状態が悪くなりやすいのはなぜかというと、黄体ホルモンの分泌が活発になるからです。黄体ホルモンの分泌が活発になると、「皮脂分泌が多くなる」「紫外線に対する肌刺激に弱くなる」などといった影響が出てくるんですよ。

その結果「過剰な皮脂が毛穴に詰まって毛穴を開かせたり、その皮脂が酸化したり毛穴そのもののメラニン反応で毛穴の黒ずみもひどくなる」というような状況になってしまうわけです。

生理前の毛穴ケアはどうすればいい?

では、生理前の毛穴ケアはどんなことに注意すればいいのかというと、以下の2点を心がけることが重要です。

  1. いつも以上にUVケアをしっかりとやる。
  2. ビタミンCを食べ物とスキンケア用品の両方から摂る。

まず、UVケアについては「いつもより日焼け止めの量は少し多めに、そして日傘などもこまめに使う」「できればあまり外に出ず、紫外線を浴びる機会そのものを減らす」などということを心がけましょう。

次に、体の内外からのビタミンC補給についてですが、これがなぜ必要なのかというと、ビタミンCには、高い抗酸化力と皮脂分泌コントロール力が期待できるからです。

抗酸化作用で、紫外線から受ける害のダメージを減らし、さらに皮脂の過剰分泌を抑える、というダブルの効果が期待できるので、一番おすすめのビタミンなのです。

いつもより野菜やフルーツを多めに摂取し、スキンケアにおいては、ビタミンCが高濃度で配合されているものを、いつもより多めにつけるようにしましょう。

 

毛穴 毛穴ケア

この記事に関連する記事一覧