美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

毛穴への負担を減らすためのUVケア ~ 正しい日焼け止めの選び方

読了までの目安時間:約 3分

 

紫外線は毛穴に対して非常に大きい負担や悪影響を与えるため、毛穴が気になる人にとって、UVケアは必須です。

ただし、間違ったUVケアはこれまた大きな負担をかけてしまうのも事実。

肌と毛穴にかける負担の少ない、正しいUVケアを知りましょう。

日焼け止めの選び方

ではまず、正しい日焼け止めの選び方をご紹介しましょう。

日焼け止めを選ぶ際はノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)のものを選ぶ、というのが鉄則です。紫外線吸収剤は、「紫外線吸収時に化学反応を起こす」という特性があるため、この化学反応による肌刺激リスクが高くなります。

そして、日焼け止め選びの注意点としてもうひとつ、意外に思われるかもしれませんが、「PA値やSPF値があまりにも高すぎるものは選ばない」ということも大切です。

こうした値が高いほうが、UVカット効果も高くて良さそうに思えますが、日焼け止めというのは、たとえノンケミカル処方であっても「UVカット成分が強ければ強いほど、肌への負担も強くなりやすい」という傾向が強いんですよ。

ですから日焼け止めは、「数値的にやや軽め~ちょうど中くらいのクラス」を選ぶといいでしょう。

日焼け止めだけに頼るのはダメ

正しいUVケアのコツとして「日焼け止めだけでUVケアをしようとしない」というのも挙げられます。

日焼け止めだけでUVケアをしようとすると、どうしても「数値が高いものをたっぷり塗る」ということにつながり、肌刺激が大きくなってしまいますからね。

それよりも、「日焼け止めの数値と量は増やさず、パウダーファンデーションや日傘など、他のグッズを併用することでUVカット効果を高める」というやり方のほうが、はるかにおすすめです。

パウダーファンデーションはパウダーの粒子で紫外線をそれなりにブロックできる力を持っていますし、日傘はUVカット率が高いものを選べば、上からの紫外線についてはほぼ完全にブロックできるので、かなりの効果があります。

もちろん、UVカット率100%の日傘を使っても、地面から反射してくる紫外線までは防げませんが、その程度の紫外線なら、軽めの日焼け止め+パウダーファンデーションで対策できますよ。

 

毛穴 毛穴ケア

この記事に関連する記事一覧