美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

開き毛穴対策にほしいスキンケア成分はこれだ!

読了までの目安時間:約 3分

 

開き毛穴の対策のためのスキンケアには、具体的にどんな成分が必要でしょうか?
ここではそれを見ていきましょう。

最大の鉄則は「油分ではない保湿成分」が多いこと!

開き毛穴の対策のためには、たっぷりの油分など、「角栓やアクネ菌の栄養源となる可能性があるもの」は使わないほうがいいです。そもそも油をつけるだけでは、肌の表面がテカテカするだけで、肌がふっくらうるおうことにはつながりません。

それよりも「肌細胞間でうるおいを長時間保たせるのに役立つ、保水力のある保湿成分」を重視するのが正解です。

そのために役立つ保湿成分として有名なのが、セラミドやヒアルロン酸です。

もちろん、これらの保湿成分も非常にすぐれた作用を持つおすすめ成分なのですが、実は近年、コスメメーカーが「複数の保湿成分を独自の技術で複合成分化し、浸透性と相乗効果を高めている」というものも存在しています。

例としては、ビーグレンの毛穴ケアセットのローション・美容液・ジェルに使われている「QuSome(キューソーム)」が挙げられますね。

これはビーグレン自慢の「医療レベルの浸透性」の効果を最大限に生かすため、独自に複合成分を超微小カプセルに閉じ込めた、国際間特許取得の技術です。皮脂に近い構成でできているカプセルが必要とされるところで自然に溶け、届いてほしいところで有効成分が働く、という仕組みになっていますよ。

開き毛穴にはビタミンCも必要!

開き毛穴のためにほしい成分としては、保湿成分以外に、ビタミンC(アスコルビン酸)も挙げられます。

ビタミンCは非常に抗酸化力が高いので、皮脂と汚れが混じっての角栓の成長をブロックしてくれるだけでなく、皮脂分泌そのものをコントロールする力さえ持っています。

さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成を促進する作用もあるので、肌のハリを演出するためにも欠かせない存在と言えますよ。

ビーグレンの毛穴ケアセットに「Cセラム」という美容液があるのですが、これはビタミンCが超高濃度で、しかも浸透性を高める「QuSome」の技術が使われていますので、特におすすめですよ!

 

毛穴 毛穴の開き

この記事に関連する記事一覧