美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

にっくき角栓の、意外な正体とは

読了までの目安時間:約 2分

 

毛穴の黒ずみの大きな原因となるのが「毛穴に詰まった角栓の酸化」なのですが、あの角栓って、いったい何でできていると思いますか?

「皮脂のかたまりでできている」と思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。

角栓は皮脂だけでできるものではない!

角栓というのは、皮脂だけでできるものではありません。実は角栓での皮脂の割合というのは30%程度に過ぎず、残りの70%はたんぱく質汚れなんですよ。

古い角質の破片等が開いた毛穴に入って皮脂と混じり、角栓を形成してしまう」「未熟な角栓が毛穴に入る」となどいう形で、角栓ができてしまうのです。

角栓と言えば、毛穴から押し出すとニュッと白いものが出てくるのが分かりますが、あの白さは、たんぱく質汚れが大きな原因になっていると考えられます。

その証拠に「油とり紙」などでTゾーンなどを押さえると皮脂が吸い取れますが、あの皮脂自体はほぼ透明ですからね。

角栓問題を解決するには「たんぱく質汚れ落とし」に着目することが必要

というわけで、角栓というのは、実は「皮脂よりもたんぱく質が主成分」というような状態になっています。

よく、メイクなどの油汚れをよく落とせるクレンジング剤で、せっせと角栓を溶かして落とそうとしている人が居ますが、角栓にクレンジング剤が到達したとしても、「油汚れに強いクレンジング」で落ちるのは皮脂部分だけです。たんぱく質汚れまでは溶かせないんですよ。

このことを知らず、強力なクレンジング剤でせっせと角栓にしつこくアプローチしていると、「クレンジング剤が肌の保湿力まで奪い、乾燥による毛穴の開きをひどくしてしまう」という悪循環にもつながるのです。

クレンジングにしても洗顔にしても、「油汚れを落とせるだけのものでは、角栓問題は絶対に解決しない」ということを理解しておきましょう。



 

毛穴 毛穴の黒ずみ

この記事に関連する記事一覧