毛穴の掃除にスクラブ洗顔はダメ!?おススメできない理由とは

原島美容研究所

毛穴の掃除にスクラブ洗顔はダメ!?おススメできない理由とは

読了までの目安時間:約 3分

 

角栓の問題を解決するためには「日々の洗顔で、毛穴を少しずつ掃除するような形で、角栓を吸着したり溶かしたりして、ケアしていく」というのが有効です。

そのために重要となってくるのが、洗顔料選び。
「角栓を毛穴からかき出すために、スクラブ入りの洗顔料を使っている」という人もいるでしょう。ですが、それはちょっとおすすめできませんよ。

スクラブ洗顔は角栓の掃除に有効性なし!?

なぜスクラブ入りの洗顔料がおすすめできないのかというと、市販のスクラブ入り洗顔料のほとんどは「スクラブが大きすぎて、その摩擦で肌を痛めてしまうリスクが高い」というデメリットがあるからです。

指で触って、スクラブのツブツブがひとつひとつハッキリ分かる」というようなものは、毛穴にとっては大きすぎるんですよ。

もちろん、中には、そんなスクラブ粒よりも大きく開いた黒ずみ毛穴があることも事実ですが、その毛穴にスクラブが運よく入ること自体がまれですし、無理に毛穴にスクラブを入れようとすると、極端な話「スクラブがすっぽり毛穴に詰まって取れなくなる」などという、冗談みたいな問題も出てきます。

クレイや火山灰などの「超微粒子&吸着型」の洗顔料がおすすめ!

というわけで、黒ずみ毛穴対策にスクラブ入り洗顔料を使うのはNG!ということになります。では何を使えばいいのかというと、良質なクレイ(泥)や火山灰を使った洗顔料がおすすめです。

クレイや火山灰は「汚れを吸着する」という効果にすぐれており、この吸着作用は油汚れだけでなく、古い角質や垢などのたんぱく質汚れに対しても有効です。

そして何より、スクラブ洗顔料と比べて粒子が非常に細かく「開いた毛穴に無理なく入り、そして毛穴に詰まることもない」という安心感も高いんですよ。

中でも特におすすめなのは、ビーグレンのクレイウォッシュなどに使用されている「モンモリロナイト」というクレイです。

粒子のサイズが約0.2ミクロンときわめて細かく、さらにマイナスイオン状態となっているため、プラスイオンである酸化汚れ(たんぱく質汚れや皮脂)を強力に吸着する効果にすぐれており、角栓の汚れ落としに最適なクレイと言えますよ。

 

毛穴 毛穴の黒ずみ

この記事に関連する記事一覧