週末のスペシャル洗顔「角栓溶かし洗顔法」

原島美容研究所

週末のスペシャル洗顔「角栓溶かし洗顔法」

読了までの目安時間:約 3分

 

良質な洗顔料で毎日洗顔しているけれど、ガンコな角栓はなかなかきれいにならない、そんな悩みを抱えている人に、「週1回、週末だけのスペシャルケア」としておすすめできる「角栓溶かし洗顔法」があります。

用意するものは、セスキ炭酸ソーダと水だけ

角栓を溶かすスペシャル洗顔のために用意するものは、セスキ炭酸ソーダと水だけ。

水大さじ2杯に、セスキ炭酸ソーダを軽くひとつまみ(ひと「つかみ」ではないのでくれぐれもご注意を!)だけ入れ、よく混ぜて完全に溶かしたものを用意します。

なぜセスキ炭酸ソーダがいいのかというと、これは「油とたんぱく質、両方の汚れを落とす作用にすぐれているので、角栓溶かしにきわめて有効」という理由があるだけでなく「重曹より強力な作用が期待できる」「重曹よりも水によく溶けるので、重曹のように溶け残った粒子で肌を傷つける心配もない」などというメリットもあるからです。

さあ、作ったセスキ炭酸ソーダ水を、浴室に持ち込みましょう!

スペシャル洗顔のやり方

では、角栓を溶かすためのスペシャル洗顔のやり方をご紹介しましょう。

まず、入浴そのものを、いつも通り済ませて下さい。クレンジングや洗顔も、いつものようにおこないます。

そして、浴室を出る直前にやるのが、このスペシャル洗顔です!毛穴の黒ずみ・角栓が目立つ部分にだけ、セスキ炭酸ソーダを溶かした水をつけて、くるくると指の腹でなじませます。そこから30秒ほどおいて、もう一度くるくるとなじませましょう。

あとは、顔をもう一度よくすすげば完了!セスキ炭酸ソーダ水が肌に残らないように、しっかりとすすいで下さいね。

この時にすすぎが不十分だと、残った成分がさらに皮脂やたんぱく質に働きかけてしまい、肌荒れを起こしてしまいますので、注意して下さいね。

湯上がり後は、セスキ炭酸ソーダ水をつけて洗った部分を、いつも以上に念入りに保湿ケアするよう、心がけましょう。

この時、クリームなどの油分を使うのでははなく「保湿性にすぐれた化粧水と美容液・ジェル等でケアする」というのが鉄則ですよ!

 

毛穴 毛穴の黒ずみ

この記事に関連する記事一覧