「角栓を指で押し出す」というのはNG?

原島美容研究所

「角栓を指で押し出す」というのはNG?

読了までの目安時間:約 3分

 

毛穴が大きく開いて、その中に黒ずんだ角栓があるのがハッキリ見える・・・こういう状態だと、指を使ってその角栓を押し出したくなりますよね。

しかし「角栓を指で押し出すようなことを繰り返していると毛穴がますます大きくなったり、毛穴が潰れたりする」という説があるのも事実。

角栓を指で押し出す行為はOKなのでしょうか、それともNGなのでしょうか?

素手のままでの角栓押し出しはNG

角栓を指で押し出す行為はOKなのかNGなのか、まずその結論から言うと、「素手でやろうとするならNG」です。

素手での角栓押し出しがNGな理由としては、以下の3つの理由が挙げられます。

  1. 指についた雑菌が毛穴に入る可能性がある。
  2. ついつい爪を使って押し出そうとしてしまう。
  3. 力を入れすぎてしまうことが多い。

雑菌混入によって毛穴が炎症を起こしたり、爪で肌を刺すような刺激や、力の入れすぎによって、毛穴自体が強く押されすぎてぽっかりと穴が大きくなったり、最悪の場合「隣の毛穴と繋がるレベルまで毛穴が潰れてしまう」うリスクまで出てくるんですよ。

毛穴への負担を最小限にしながら角栓を押し出す方法

というわけで、素手での角栓押し出しは「毛穴や肌に対するリスクが大きいNG行為」ということになります。

だけど角栓がどうしても気になるから、押し出さずにはいられない!という人には、「指に、市販の医療用滅菌ガーゼを巻いた状態での角栓押し出し」をおすすめします。

滅菌ガーゼなら毛穴への雑菌混入のリスクを大幅に低減できますし、さらに押し出しの際の刺激も、ガーゼがクッション代わりとなって緩和してくれますよ。

ガーゼを指先にしっかり巻いて、角栓の詰まりが気になる毛穴の横にまず「利き腕でないほうの指先」を添え、毛穴の横を押さえます。右利きの人なら「毛穴の左側を、左手の指先で押さえる」という感じですね。

そして利き腕の指先を使って、反対側を押すようにするのです。

 

毛穴 毛穴の黒ずみ

この記事に関連する記事一覧