美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

毛穴のたるみ改善のために必要な2つの要素とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

毛穴のたるみは、肌や、その肌を支えるための筋肉が老化によって衰えていることを示すサイン。

これを改善するためには、2つの要素を満たすことが重要になります。

肌のハリと弾力を取り戻そう!

たるみ毛穴を改善するために重要な要素のひとつとなるのが「肌のハリと弾力を取り戻す」ということです。

これは、風船をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

  • 若々しくハリと弾力にあふれた肌 = 空気が入ってパンパンに膨らんだ風船
  • ハリと弾力を失い、重力に負けて垂れ下がった肌 = しぼんだ風船

こんな感じの違いがあるんですよ。

肌のハリと弾力に大きく関わってくるのは、コラーゲンとエラスチンが構成する「肌繊維」です。

この肌繊維に「内側からグッと肌を持ち上げられる力」があってこそ、肌にハリと弾力が出るのです。ですからスキンケアにおいても「肌繊維の生成促進サポート」を意識した成分を取り入れていく必要があります。

顔の筋肉を鍛えよう!

たるみ毛穴を改善するために重要な、もうひとつの要素となるのが「顔の筋肉を鍛える」ということです。

いくら肌にハリと弾力をつけることができても、その下で肌を支える筋肉が下に垂れてしまっていては台無しですからね。

顔の筋肉の衰えが特に目立ちやすいのは「他人と話す機会が少ない人」および「パソコンやスマホを使う時間が長い人」です。

まず、他人と話す機会が少ない人は、「口を動かす機会が少ない」とも言えますから、その分、頬の筋肉を使う機会も減って衰えるというわけですね。

そしてパソコンの長時間操作は「電子画面を長時間凝視することで、目の周りを中心に顔の血行が悪くなり、筋肉にも酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなる」という理由があり、スマホにいたってはそれに加えて「顔が下向き、という不自然な状態で操作するので、血行にますます支障をきたし、さらに下向きという動作自体がたるみを生みやすい」という理由も出てきます。

「あまり話さない」「パソコンやスマホを使う時間が長い」という点に心当たりがある人は特に、顔の筋肉を意識的に鍛えることが求められますよ。

 

毛穴 毛穴のたるみ

この記事に関連する記事一覧