美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

たるみ毛穴対策にほしいスキンケア成分はこれだ!

読了までの目安時間:約 3分

 

たるみ毛穴を改善するためのスキンケア用品に、特にほしい成分は何なのでしょうか?

ここではそれを見ていきましょう。

FGF(繊維芽細胞増殖因子)を補給しよう!

たるみ毛穴を改善するためには、肌のハリと弾力を回復させるために「肌繊維の再生を活性化させる」ということが大切。

そのために大きな役割を果たすことが期待できるのが、ペプチドの一種であるFGF(繊維芽細胞増殖因子)です。

肌繊維を構成する「芽」となる細胞の活動を活性化させることで、肌繊維を構成するコラーゲンやエラスチンの増殖が期待できます。

このFGFを配合している化粧水として有名なのが、ビーグレンの10-YBローションです。他のペプチド類やコラーゲン・ヒアルロン酸なども配合されていますので、相乗効果が期待できますよ。

浸透性にすぐれたビタミンCも必要!

たるみ毛穴を改善するためのスキンケアとしては、実はビタミンCも重要な役割を果たします。

ビタミンCには、肌繊維を構成するコラーゲンの生成を促進する作用があるんですよ。

美容皮膚科や美容外科などにおいて「高濃度のビタミンCをシワ・たるみ対策のためにイオン導入する」という施術がおこなわれているほどに、ビタミンCのたるみ改善効果は信頼性が高いのです。

ただし、ビタミンCが高濃度配合されているスキンケア用品なら何でもOK、というわけではありません。

「普通にビタミンCが配合されているだけでは、肌にほとんど浸透しない」というケースが多いのも事実。スキンケアメーカーの浸透技術がどれほどすぐれているかかによって、効果は大きく違ってくるのです。

ビーグレン(b.glen)のCセラム

ビタミンCが高濃度で、さらに浸透性もきわめて高い美容液として注目を集めているのが、ビーグレンのCセラムです。

ビーグレンならではの医療レベルの浸透テクノロジーによってビタミンCが無駄なく浸透し、その作用がしっかり生かされることが期待できます。

 

毛穴 毛穴のたるみ

この記事に関連する記事一覧