美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

毛穴のたるみの原因は、肌や筋肉のたるみ?

読了までの目安時間:約 2分

 

「頬のあたりに、しずくのような形をした毛穴が目立つようになった」という、たるみ毛穴の悩みを抱えている人、多いですよね。

しかし、この毛穴のたるみって、いったい何が原因なのでしょうか?

毛穴のたるみは、肌や筋肉に問題が!

毛穴のたるみの原因は何かというと、ズバリ「肌や筋肉のたるみ」です。

加齢などによって「肌に弾力がなくなって垂れ下がる」「肌を支えるための筋肉が衰えて垂れ下がる」という状態になった時、毛穴が重力で下に引っ張られることで、縦長のしずく状毛穴ができてしまうんですよ。

その証拠に、たるみ毛穴に悩む人は、フェイスラインも若い頃に比べて崩れているはず。10代や20代前半の頃はシュッとしたきれいなフェイスラインを保っていたのに、いつの間にか顔の輪郭が以前より丸くなっていたり、あご付近に肉がついていたり、最悪の場合「頬がブルドッグ状態」になっていたりするのです。

つまり毛穴のたるみは「肌や筋肉が衰えたことを示す、老化のサイン」と言えるわけですね。

毛穴のたるみ、年齢的にはいつごろから危険!?

肌や筋肉の老化のサインとも言える、毛穴のたるみ。

このたるみ現象が、年齢的にいつごろから出てくるのかというと、おおむね30代半ばぐらいから発生してくる人が多いですよ。

肌や筋肉の状態自体は、おおむね20歳ごろがピークとなり、そこからはよほどスキンケアに気を遣わない限り、下り坂になっていくのですが、それでも最初のうちは、その「下り坂のペース」がゆるいので、外見的には肌の衰えになかなか気づきません。

ところが30歳を超えたあたりから、肌や筋肉の老化に向けての下り坂のペースが早くなってきます。

そしてそこから数年経過した30代半ばとなると、たるみ毛穴・フェイスラインの崩れなど、ハッキリとした老化の兆候が見てとれるようになります。

 

毛穴 毛穴のたるみ

この記事に関連する記事一覧