美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

日々の「緊張感のなさ」でも毛穴のたるみは悪化する!?

読了までの目安時間:約 3分

 

毛穴のたるみを悪化させる、意外な原因として挙げられるのが「緊張感のなさ」です。

もしあなたに「気がつけば、ポカンと口を開けていることが多い」「無意識に頬杖をついてしまうクセがある」などという点に心当たりがあったとしたら要注意!それって、かなりマズい状態ですよ。

緊張感のなさはたるみ毛穴を悪化させる!

結論から言うと「ボーッとしていて、ポカンと口を開けていることが多い」という感じで緊張感を持っていない人は、筋肉のたるみによる、たるみ毛穴の悪化を招きやすいです。

きちんと口を閉じているのと、重力にまかせてだらんと口を開いているのとでは、筋肉の使われ具合が違ってきます。

「口を閉じるぐらいの筋肉の動きなんて、大したことないから、やってもやらなくても同じじゃないの」と思われるかもしれませんが、毎日、長時間の積み重ねによって、その差は大きくなっていくんですよ。

頬杖は姿勢の悪さと肌の引っ張りでたるむ!

「緊張感のなさ」と言えば、無意識に頬杖をつくクセというのも、たるみ毛穴の悪化防止のために、絶対に心がけたいところですね。

頬杖をつくと、姿勢が崩れるので、不自然な筋肉の使い方や血行の悪さを招いてたるみやすくなるだけでなく、「頬杖によって、一部の皮膚が強く引っ張られ、伸びきってたるんでしまう」というリスクも招いてしまいます。

あと、頬杖をついている部分そのものはかなりの圧迫を受けるので、これもまた肌繊維を傷めたり、血行を悪くする原因となってしまいますよ。

つまりここまでの話をまとめると、「口開けっぱなし・頬杖をつくなど、だらしない状態で過ごしていると、毛穴もだらしなくたるんでしまう」というわけなのです。

夜ぐらいはリラックスしてもいいですが(ただし頬杖は禁止)、たるみ毛穴の発生防止・悪化防止のためにも、日中は姿勢や行動に適度な緊張感を持つよう心がけましょう。

日中に適度な緊張感を持って過ごし、夜にリラックスするというメリハリをつけると、1日のリズムができやすくなりますので、寝つきの改善にもつながりますよ。

 

毛穴 毛穴のたるみ

この記事に関連する記事一覧