美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

プロペシア処方は皮膚科のある病院で(万有製薬プロペシアの正規処方)AGA治療

読了までの目安時間:約 3分

 


爆笑問題さんの出演するプロペシアのテレビCMで「AGA」という名称が広く知れわたりました。AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことで、このプロペシアは女性の薄毛には効果がなく、服用してはいけません。

飲む発毛剤 プロペシア処方

1: プロペシアは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されています。世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症治療薬です。
日本では、万有製薬が2001年より臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月14日より処方開始となりました。

2: 男性型脱毛症とは、前述のとおりAGAとも呼ばれ成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。 思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的には遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 時間の経過とともに進行して薄毛が目立つ症状のことをいいます。
詳しくは ⇒ http://aga-news.jp/ (万有製薬解説)

3:国内の臨床試験ではプロペシアの1年間投与により0.2mgで54%、1mgで58%の改善効果があり、海外臨床試験ではプロペシア1mgの5年投与により90%の患者で抜け毛の進行遅延効果、あるいは改善効果が認められています。

プロペシア(万有製薬純正品)

プロペシア万有/萬有製薬純正品

プロペシアの使用上の注意

(1) 1日1回、内服してください。
6ヶ月服用しても抜け毛の進行が遅くならない場合は、医師にご相談ください。
(2)男性成人のみ服用してください。
女性には効果が認められていません。
(3)錠剤を割って飲まないでください。
(4) 家族や他の人にあげないでください。

改善効果:プロペシア1年間投与例

プロペシア1年投与例

脱毛症・男性型脱毛症の治療について

脱毛症・男性型脱毛症の治療法は、プロペシアの処方だけではありません。脱毛症と一言で言っても、その発症原因や最適な治療法は一人ひとり異なります。

男性ホルモンに影響を受ける男性型脱毛症や自己免疫異常によって起こる円形脱毛症、心因性(ストレス)による抜毛症など様々です。 医師の診察を受け、ご自分にあった方法で治療をしましょう。
※甲状腺機能に異常が無いか血液検査を行ないます。

自由診療(保険外診療)に関して

自由診療の薬(保険が適用されない薬)を用いた医療の場合、医療費全体が保険給付の対象になりません。したがいまして、薬剤費だけでなく、診察、調剤、服薬指導などにかかる費用も含め、医療費全額を患者さんの負担になります。

なお、保険給付の対象にならない医療の場合、薬剤費を含む各種費用の料金は医療機関・調剤薬局ごとに設定されます。

 

メンズ メンズ治療

この記事に関連する記事一覧