美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

にきび・にきび跡 / レーザー・ケミカルピーリングなどの治療について

読了までの目安時間:約 3分

 

薬や軟膏など従来の治療ではなかなか消えなかったしつこいにきび跡の凸凹や、思春期からの大人にきび、背中や二の腕のにきびにも。レーザー治療やケミカルピーリングで見違える程良くなります。

にきび・にきび跡の治療前後

大人にきび跡治療

最新医療レーザー治療とは?

医療レーザー《ゼオ(XEO)、CO2レーザー等》を導入しにきび跡を治療する皮膚科や美容クリニックが増えています。症状によって医師が判断し、レーザーの種類を使い分けます。

ゼオ(XEO)はにきび跡に照射すると、収縮されて目立たなくなります。また、皮膚の中のコラーゲンも増やしますので、お肌の凸凹感も軽減します。赤くなっている急性期のにきびは、CO2レーザーを、てっぺんに照射して小さな穴をあけ、毛穴に詰まっているコメド・ウミ・脂質を溶かし、排出させます。

このようにして治療されると結果的に炎症もとれ、にきびが再発しにくいお肌になります。そして、にきび跡は内部からの再生を促したり、凹みを収縮させることで、スベスベで透明感のあるお肌を取り戻していきます。

またレーザー以外にも高輝度LEDを採用したブルーライト(415nm)を使用したにきび治療も取り入れられております。

医療レーザーXEO(ゼオ)とCO2レーザー

XEO(ゼオ)とCO2レーザー

薬を使ったにきび、にきび跡治療方法【外用薬&内服薬】

軽いにきびには、外用薬、内服薬でにきび菌を殺菌治療していく治療方法もあります。内服薬としては、一般的には毒物を吸着して排出させる漢方薬でにきび体質を改善しながら、お肌に良くにきびを改善させるビタミンB2・B6や、化膿をおさえる抗生物質も処方されます。

また、外用薬ににきび治療薬「にきび美白クリーム」も処方されます。にきびの症状を治療しながら、赤みや色素沈着を改善する処方になりますので、日常のケア用にも利用できます。

にきび跡を消すケミカルピーリング

薬や軟膏など従来の治療ではなかなか消えなかったしつこいにきび跡の凸凹や、思春期から大人にきび背中や二の腕のにきびにも。ケミカルピーリングで見違える程良くなります。

にきび治療に効果抜群のケミカルピーリングとは?

サトウキビを発酵させて抽出したフルーツ酸(AHA)を、皮膚の表面に塗り、角質や老廃物を溶かして新しい皮膚の再生を促す治療です。にきびや脂性肌に効果的で、原因となる毛穴のつまりを解消し、毛穴を引き締め、にきびのできにくい肌をつくります。また、お肌の生まれかわりペースを速めることで、元気でキメの細かいお肌になり、肩~二の腕のザラつき等も治療可能です。

1回の治療で効果は実感出来ますが、皮膚の成長サイクルから考えると、1~2週間に1回のペースで6回以上続けることでより効果が得られます。古い角質層が取り除かれ、お肌が生まれかわることになります。

その後は1ヶ月に1度くらい、美容院に通うような感覚で続けていくと、お肌の若さを保ち老化も予防出来ます。

ケミカルピーリングの経過

1. 古い角質層の表面をお薬で溶かします。
2. 1~2週間で新しいお肌が生まれてきますので治療を繰り返します。
3. お肌が生まれ変わりキメが整って元気な青年肌に!

参考:自宅でできるケミカルピーリング

 

にきび にきび治療

この記事に関連する記事一覧