美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

あざ、刺青、しみ、そばかすのレーザー除去

読了までの目安時間:約 3分

 


しみ、そばかすは最新のレーザー治療によって除去できるようになりました。かつては治療が難しかった 「あざ(母斑)」や「目の下のクマ」、「血管腫」や「刺青」等も、そのほとんどが治療対象になっています。

レーザー治療は、ほとんど副作用が無く、ほんのわずかの間に「しみ」などを消滅させる画期的な治療法です。治療は短時間で終わり、もちろん日帰り可能です。麻酔も注射を使わずクリーム麻酔で痛みもごくわずかですから、子供からお年寄りまで安心して治療を受けられます。

あざ、刺青、しみ、そばかすのレーザー除去について

現在使われているレーザー機器は、従来のQスイッチレーザーに比べ、よりきれいに「しみ」 が取れます。治療後の色素沈着も起こしにくくなっております。日焼けしてできた背中や腕の「しみ」もキレイにとれます。

レーザー治療によるBeforeAfter

一般的な症例:
しみ
そばかす

痛み

しみ、そばかすのレーザー治療は、メスで切ったり糸で縫ったりせずに、しみ、そばかすだけを分解する治療です。レーザーは、しみ、そばかすのメラニン色素だけに反応しますので、正常な皮膚にはほとんどダメージを与えず、出血もありません。また患部には、麻酔注射は使わずクリーム状の麻酔を塗るだけです。

ダウンタイム

しみ、そばかすのレーザー治療はダウンタイム(治療後の回復期間)が短いのが特徴で、治療直後は日焼けをしたように赤みが出る程度です。患部をこすらないように注意すれば、すぐに洗顔や軽いお化粧、お仕事をすることもできます。

重症のしみ症例:レーザー照射直後はほとんど変化がないが治療効果は高い
しみ

そして治療後1週間ほどで、新しい細胞にしみが押し出され、日焼け後の薄皮のようになります。これは自然に剥がれ落ちますが、ケミカルピーリングで落とすと、よりキレイなピンクのお肌に生まれ変わります。これでレーザー治療自体は終了です。せっかくしみが取れたところに色素沈着をさせないよう、普段の生活でも適切なケアが必要です。

一時的な色素沈着をおこした症例:このような場合でも数ヶ月で治療可能
しみレーザー治療

※レーザーは日光の性質を持っています。

日焼けをしてもまったく無反応の方もいれば、真っ赤になる方、すぐに黒くなる方と様々ですが、同じ事がレーザーにもあてはまります。通常、レーザー治療後は軽い日焼けのようになるのが一般的ですが、症状、また体質等の個人差により多少異なる反応を見せる場合があります。

 

しみ しみ治療

この記事に関連する記事一覧