美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

カイネチン原料を入手 ― 他の化粧品や溶剤に混ぜて使う方法

読了までの目安時間:約 3分

 

アンチエイジングにカイネチンを取り入れるためには、基本的には「カイネチン配合のスキンケア用品を買う」というのが一般的ですが、実はカイネチンというのは、原料の粉末だけを入手して、それを他の化粧品や溶剤などに混ぜて使用することも可能なんです。

カイネチン粉末の入手方法

カイネチン粉末を入手したい人は、化粧品の原料を通販しているショップのサイトに行き、そこで「カイネチン」または「キネチン」というキーワードで検索してみるといいでしょう。

実際に見てみると分かりますが、カイネチン粉末というのは、数ある化粧品原料の中でもかなり高価な部類に入るもので、国産のものだと、たった1グラムで1万円台から数万円もしてしまう、というのが現状です。

「さすがにその値段は厳しい、質より量」ということで安価なカイネチン粉末を購入したいなら、中国産を選ぶといいでしょう。

カイネチンの溶かし方

さて、カイネチン粉末を購入したら、あとはそれを手持ちの化粧水や溶剤に、0.1~0.2%程度の濃度になるように混ぜるだけ、と言いたいところなのですが、ここで問題が出てきます。

実はカイネチンというのは、非常に溶けにくい成分なのです。

普通の原料のように「化粧水のボトルに入れて、シャカシャカ振れば溶ける」というような簡単なものではないんですよ。

カイネチンを溶けやすくするためには、「エトキシジグリコール(エチルカルビトール)」という、保湿系の溶剤を使用するのがおすすめです。

実際、この保湿系溶剤エトキシジグリコールは、アメリカのカイネチン配合スキンケア用品の代表格である「カイネレース」にも0.2%ほど配合されているそうです。

保湿系溶剤・エトキシジグリコールのリスク

というわけでカイネチンをうまく溶かすには、エトキシジグリコールの使用が有効なのですが、ひとつ注意点があります。

それは・・・このエトキシジグリコールは、合成の界面活性剤ですから、高濃度で使用すると毒性のリスクが出てしまう可能性がある、ということです。

ですからカイネチンを溶かすためにエトキシジグリコールを使用するにしても、あくまで「最低限度の使用」にとどめておきましょう。

 

しわ・たるみ カイネチン

この記事に関連する記事一覧