美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

カイネチンの「若返り効果」

読了までの目安時間:約 3分

 

カイネチン配合のスキンケア用品を使う人が、もっともカイネチンに対して期待している効果と言えば、何といっても「若返り効果」でしょう。

カイネチンは人の肌細胞に対しても、ターンオーバー活性化作用や、肌細胞老化の抑制作用があると期待されています。

これが本当のことなら、確かにアンチエイジングにもってこいの成分だ、と思えますね。

カイネチンに即効性はない?

というわけでカイネチンの効果というのは、アンチエイジングのためには非常に嬉しい効果・・・と言いたいところなのですが、残念ながらカイネチンの効果には、ひとつ大きな欠点があります。

それは・・・カイネチンの効果に「即効性」はあまり期待できない、ということ。

これは、私が調べた限り、どのカイネチン配合スキンケア用品にも言えることで、「すぐに効果が出た」という口コミばかりが圧倒的に多い、というようなものは見当たりません。

ですからカイネチンは、「効果を急ぐ人」にはおすすめできない成分だ、とも言えるでしょう。

どのくらい続ければ出る?カイネチン効果

というわけでカイネチンには即効性が期待できないのですが、では、いったいどのくらいの期間で効果が実感できるのかというと・・・

さまざまな口コミを見ているとカイネチンを使い始めて、その効果をしっかりと感じられるようになるまでは、半年以上かかった、という人も少なくないようです。

ですからアンチエイジングにカイネチンを取り入れる場合は、気長にじっくり、長い目でアンチエイジングに取り組む姿勢が必要になります。

ただし、「1年使用しても効果がなかった」という場合は、いくら効果が遅いカイネチンであっても、「あまりにも遅すぎる」という状態なので、さすがに見切りをつけるべきでしょう。

早く効果を出したい人は

カイネチンは効果が出るまで時間がかかるから、もっと早く効果が出ることが期待できる成分のスキンケア用品を使いたい、という人は、以下のような成分を選ぶといいでしょう。

シミが気になる人は、メラニンを漂白してくれるハイドロキノン。

たるみやシワが気になる人は、肌繊維に欠かせないヒアルロン酸・コラーゲン、肌の弾力アップに作用するペプチドなどがおすすめです。

また、あらゆる肌トラブルに対処するために、肌細胞生成のサポートをし、さらに抗酸化力もあるビタミンC誘導体も取り入れたいところです。

もちろん、これらの成分が「ただ入っていればいい」というわけではありません。

しっかりと肌の奥まで届き、即効性を出せるように、浸透性を高めていること、というのが不可欠なポイントですよ。

「適材適所の成分選び」と「浸透性」の両立ができているスキンケア用品なら、なかなかの即効性も期待できるはずです。

 

しわ・たるみ カイネチン

この記事に関連する記事一覧