カイネチン化粧品(クリーム)の効果・製品紹介

原島美容研究所

カイネチン化粧品(クリーム)の効果・製品紹介

読了までの目安時間:約 3分

 

ドクターズコスメとして人気の高まっているカイネチン配合化粧品、クリームの効果や各メーカーのカイネチン製品について解説。カイネチンの人気の秘密に迫ります。

カイネチンとは

近年、アンチエイジングのためのスキンケア用品で時々「カイネチン配合」というのを見かけるようになりましたが、これはどういうものなのかというと・・・

ごく大ざっぱに言ってしまえば、カイネチンは植物から抽出されるホルモンの一種です。

カイネチンの作用

植物ホルモンの一種であるカイネチンが、なぜ近年、アンチエイジングのためのスキンケア用品に使われるようになってきたのかというと、これは「カイネチンの作用が、人の肌に対しても応用可能なのではないか」ということが分かってきたからです。

そのカイネチンの作用とは、簡単に言うと、細胞分裂の促進や、老化の抑制で、本来は、植物そのものが「自分を老化させないように」という目的で分泌をうながすものなのです。

そして、こうしたカイネチンの作用が、人の肌にも応用できると言われているんですよ。

カイネチンの作用が人の肌にも応用できるということは、カイネチンは人の肌の細胞の生まれ変わり、つまりターンオーバーの促進や、肌細胞の老化抑制などにも役立つ、ということになる、という理屈が成り立つというわけなのです。

カイネチン化粧品【推奨順】製品紹介

【1位】カイネロイアル+~トップクラスの高濃度~

【2位】ドクターシーラボ カイネチン~メディカルの安心感~

【3位】カイネレース~即効性に疑問?~

【4位】オールメイ カイネチンスキンケア~基本的には個人輸入~

【5位】ブランアンジュール KVC5クリーム~ビタミンC誘導体配合~

カイネチンの人気が出てきた理由

カイネチンが近年、日本でも近年人気が出てきた理由としては、「アンチエイジングに役立つ作用への期待」というのもありますが、それだけではありません。

カイネチンは安全性が高く、副作用などの報告は今のところほとんど見られない、という、安全性の高さも注目すべきメリットと言えるでしょう。

「でも、日本のスキンケア市場ではまだまだ歴史が浅いから」と不安に思う人も居るかもしれませんが、すでにアメリカではもっと前からカイネチンが愛用されているという実績があります。

もちろん、アメリカ人の肌と日本人の肌は肌質に差がありますので「アメリカ人の肌には大丈夫でも、日本人の肌にはトラブルを起こす」という可能性がないわけではありませんが、それでも「世界的に見ても数年程度の歴史しかないアンチエイジング成分」よりはずっと安全、と考えていいでしょう。

 

しわ・たるみ カイネチン

この記事に関連する記事一覧