美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

ラメラ構造にダメージを与える要注意成分はこれだ!

読了までの目安時間:約 4分

 

「ラメラ構造を理想的な状態に仕上げるために、スキンケア用品でセラミドやNMF(天然保湿因子)などの成分を補給する」ということは大切ですが、「とにかく、セラミドやNMFが配合されているスキンケア用品を選べばそれでOK」というほど、簡単な話ではありません。

いくら有効成分が入っていたとしても、「ラメラ構造にダメージを与えてしまうNG成分」も一緒に入っているものを選んでしまっては、台無しになってしまいますよ。

ラメラ構造にダメージを与えてしまう、避けるべきNG成分をきちんと知っておきましょう!

石油系合成界面活性剤は危険!

ラメラ構造に大ダメージを与えてしまう危険な成分としてまず挙げられるのが、石油系合成界面活性剤です。

界面活性剤は、油分と水分を混ぜる乳化剤や洗浄剤として広く使われている成分なのですが、その種類はさまざま。

肌にマイルドなものもあれば、刺激リスクが高いものもありますが、もっとも肌刺激リスクが高い界面活性剤として挙げられるのが、石油系合成界面活性剤なのです。

石油系界面活性剤はラメラ構造に浸透し、ラメラ構造を崩してバリア機能を破壊してしまうリスクが非常に高いんですよ。

石油系界面活性剤の成分

石油系界面活性剤の代表格として挙げられる成分は、以下の通りです。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • スルホン酸Na
  • キシレンスルホン酸アンモニウム
  • パレス-3硫酸Na
  • パレス-3硫酸アンモニウム

※いくつかの成分にある「Na」は、「ナトリウム」と表記されることもあります。

これらの成分が入っているスキンケア用品や洗顔料・クレンジング剤等は一切使わないようにしましょう。

鉱物油もリスク大!

ラメラ構造を崩さないために避けたい成分としては、「石油を精製して作った油=鉱物油」も挙げられます。

「鉱物油は、昔と違って精製技術が上がったから安心だ」という説を唱える人もいますが、「植物油や動物油と比べて皮脂との相性が悪い」「洗っても落ちにくいので肌に残りやすい」「皮膚呼吸や新陳代謝を妨げる」などといったリスクがあるので、できれば使用を避けたいところです。

おもな鉱物油成分としては、以下のようなものが挙げられます。

  • パラフィン
  • 流動パラフィン
  • ミネラルオイル
  • ワセリン

これらが配合されたスキンケア用品は使わないようにしましょう。ミネラルオイルなんて、名前的に「ミネラルが入った、肌に良さそうな油」というイメージを持ってしまいそうですが、その正体は石油ですから、だまされないで下さいね!

あと「洗顔料やクレンジング剤なら、すぐに洗い流すから、鉱物油配合でも問題ない」と考える人もいますが、鉱物油自体が落ちにくい性質を持っていることを考えると、「その鉱物油成分を落とすために、強い界面活性剤が使われている可能性が高い」とも言えるので、これも使うべきではありませんよ。

 

しわ・たるみ ラメラ構造

この記事に関連する記事一覧