美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

美肌のために!知って守ろう「ラメラ構造」

読了までの目安時間:約 4分

 

いきなりですが、あなたは、今のスキンケア用品の効果に満足していますか?

「美肌成分たっぷりのスキンケア用品を使っているはずなのに、肌状態が良くならない」「この化粧品を使ったら、一見しっとりと保湿できているような気がするけど、よく考えると、うるおっているのは肌の表面だけって気がする」など、実は何らかの不満を抱えているのではないでしょうか。

そんなあなたに、ぜひ知っておいてもらいたいことがあります。

それは、「本当の美肌、本当のエイジングケアを実現するためには、ラメラ構造を意識したスキンケアが必要不可欠である」ということです。

真皮層を守る!ラメラ構造の重要性

ラメラ構造とは、角質層内に存在し、角質層の保湿とバリア機能の維持のために、非常に重要な役割を果たす、水分と油分でできた層のことです。

「よい肌を作る」となると、多くの人は真皮層のケアを意識しがちですが、スキンケア用品の成分が真皮層の奥まで行き渡るということはあり得ません。つまり「真皮層ケアのための成分は、たとえスキンケア用品で補給しても、必要な場所まで届くことはないため、結果的にムダになる」と言っても過言ではないのです。

それよりも大切なのは、「真皮層を守って理想的な肌細胞が生み出せる状態にするために、スキンケアで角質層を最高の状態に持っていく」ということです。

角質層は角層細胞とラメラ構造でできており、「ラメラ構造が、いかにいい状態で、どれだけしっかりと角層細胞のすき間を埋めることができているか」によって、角質層の保湿力やバリア機能の高さは大いに変わってくるんですよ。

角質層がしっかりと保湿できてバリア機能もきちんとしていれば、真皮層は乾燥による影響や外部刺激からのダメージを受けることなく、安心・安全な状態で肌細胞を作ることができるようになるため、ラメラ構造を中心とした角質層のケアがきちんとできるようになれば、それだけで自然と美肌へと導かれていく、というわけなのです。

ラメラ構造を守り、改善していこう!

というわけで、ラメラ構造というのは、美肌実現&エイジングケアのために超重要な存在と言えます。

今回は、そんな重要な存在であるラメラ構造についての詳しい説明や、ラメラ構造を崩さず守り、より良い状態にしていくためにはどうすればいいのか、そして、どんなスキンケア用品が、理想的なラメラ構造の実現に役立つのか、などといった情報を特集します。

特に、スキンケア用品の情報については注目!ラメラ構造にきちんと着目し、本当に役立つ成分ばかりが配合されているスキンケア用品というのはとても貴重ですので、これを知っているだけでも「普通のスキンケアから大きく一歩リードした状態になる」と言っても過言ではありませんよ。

また、食生活や生活習慣の見直しなど、「内側からのケア」についても触れていますので、そうした情報もぜひ活用して、体の内外からバランス良く、美肌実現・エイジングケア実現のための環境を整えていきましょう!

 

しわ・たるみ ラメラ構造

この記事に関連する記事一覧