美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

ラメラ構造を守り、真皮層の新陳代謝を活発にする生活習慣

読了までの目安時間:約 3分

 

ラメラ構造の細胞や、角層細胞を生み出す場所となるのが、真皮層です。

ラメラ構造を守り、理想的な状態に仕上げていくためには、生活習慣を見直して真皮層の新陳代謝を活発にし、「新鮮で元気な肌細胞がどんどん生み出される状態」にしていくことが大切。

そしてもちろん、「今あるラメラ構造にダメージを与えない生活」をすることも大切です。

そのためのコツをご紹介しましょう。

しっかり睡眠!

生活習慣の見直しの中でも、もっとも真皮層の新陳代謝力アップに大きく関わってくるのが「睡眠」です。

  • 0時までに寝るか、夜更かししてしまうか。
  • 6時間~7時間半ぐらいの睡眠時間をとるか、短時間睡眠か。
  • 毎日規則正しい時間に寝るか、バラバラな時間に寝るか。

この3ポイントだけでも、前者を心がけるか、後者になってしまうかで、新陳代謝力に大きな違いが出てきます。

もちろん、「0時までに寝て、7時間前後の睡眠をとり、毎日規則正しい時間に寝る」という、3つとも前者のパターンに当てはまる睡眠が一番理想的であることは、言うまでもありませんよ。

体を意識的に動かそう!

適度な運動も、細胞を活性化させて新陳代謝力をアップさせるために重要な要素となります。

毎日ウォーキングなどができる環境であれば理想的なのですが、それが無理な場合は「通勤時の歩行は少し歩幅を広げて、歩くスピードも少し早める」「エレベーターやエスカレーターの使用はなるべく避ける」「ウォーキングは無理でも、1日最低1回のラジオ体操実施は心がける」など、何らかの形で体を意識的に動かす機会を持つことを心がけましょう。

入浴時のお湯の温度に注意しよう!

入浴時のお湯の温度に注意しよう!

では次は、「今あるラメラ構造にダメージを与えない生活」についてのお話です。

ラメラ構造を守るための注意点として、まず「肌を強く押したりこすったり引っ張ったりしない」ということが挙げられますが、実は注意点はそれだけではありません。

入浴においても、大きな注意点があるのです。

それは、「湯船もシャワーも、決して、熱い温度にしない」ということです。

なぜかというと、お湯の温度が高ければ高いほど、ラメラ構造の油分が溶けてしまい、油分にはさまれた水分も流れ、ラメラ構造の崩れ・乾燥を招くリスクが高まるからです。

お湯の温度は、湯船なら37~40℃程度、洗顔に使うお湯はさらに低く、30~34℃ぐらいにしておくのがおすすめですよ。

また「勢いよくシャワーを顔に当てる」というのも、角質をはがしてラメラ構造を流出させてしまうリスクを高めますので、やってはいけません。

洗顔時のすすぎは必ず「洗面器にとったお湯を手ですくい、ゴシゴシこすったりせず、できるだけやさしくすすぐ」ということを心がけましょう。

 

しわ・たるみ ラメラ構造

この記事に関連する記事一覧