美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

パセノールの他に摂りたい、こんな抗酸化成分

読了までの目安時間:約 4分

 

高い抗酸化作用をはじめとした数々の作用で、美容と健康のために、幅広い活躍をしてくれるパセノール。パセノール(粒)サプリメントを飲めば、それだけで効率的にパセノール摂取ができます。

ですが、さらに効果の高いエイジングケアをしたいのであれば「パセノール以外の抗酸化成分」を食べ物から摂り、体の内側からの徹底的な抗酸化・老化予防をしていくのが、よりベターだと言えます。

おすすめの抗酸化成分をご紹介しましょう!

ビタミンはこれがおすすめ!

抗酸化成分として、まずおすすめしたいのが、ビタミンAとビタミンCです。

なぜ、この2つがおすすめなのかというと「どちらも高い抗酸化力を持っているから」というのは言うまでもありませんが、理由はそれだけではありません。

ビタミンAは脂溶性、ビタミンCは水溶性という特徴があるため、両方摂っておけば「脂溶性と水溶性、それぞれの抗酸化作用がバランス良く生かせる」というメリットが得られるのです。

ビタミンAは、色の濃い緑黄色野菜および、鶏レバーやウナギに多く含まれます。緑黄色野菜のビタミンAを効率よく体内で生かすには、「油と一緒に摂取する」というのが効果的ですよ。

ですからサラダに緑黄色野菜を入れるなら、サラダには油分のあるものをかけましょう。「ノンオイルドレッシングと共に、オリーブオイルや亜麻仁油・えごま油などをかける」というのが、手軽かつ健康的でおすすめです。

ビタミンCは、生野菜およびフルーツに豊富に含まれています。
生野菜の中ではパプリカが、フルーツの中ではキウイと柿が特にビタミンC豊富でおすすめです。

ちなみに、パセノール(粒)サプリメントにも、このビタミンCが1日分あたり60mg含まれていますので「このサプリと合わせて、生野菜やフルーツをきちんと摂る」ということを心がければ、じゅうぶんな量のビタミンCが得られます。

他のポリフェノールで相乗効果を狙おう!

パセノールには、数あるポリフェノールの中でもトップレベルの抗酸化力を持つポリフェノールである「ピセアタンノール」が豊富に含まれていますが、他のポリフェノールにも、なかなかの抗酸化力が期待できます。

食べ物から他のポリフェノールも摂取して、複数のポリフェノールによる相乗効果で、より高い抗酸化作用を得ていきたいものですね。

代表的なポリフェノールとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ぶどうや赤ワインに多く含まれるレスベラトロール。
  • 大豆食品に多く含まれる大豆イソフラボン。
  • ブルーベリー等に多く含まれるアントシアニン。
  • ごまに多く含まれるリグナン。
  • チョコやココアのカカオに多く含まれるカカオポリフェノール。
  • 緑茶に多く含まれるカテキン。

「こうしたポリフェノール含有食品・飲料を口にする機会を、今までよりも多めする」と心がけるといいでしょう。ただし、緑茶はカフェイン含有量がそこそこ多いので、夜には飲まないようにしましょう。

 

しわ・たるみ パセノール

この記事に関連する記事一覧