美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

パセノール効果がイマイチ感じられない時のスペシャルケア

読了までの目安時間:約 3分

 

エイジングケアの切り札とも言えるほどの、幅広く高い作用を持つことで知られるパセノール。

しかし、パセノールサプリやパセノールモイストジェルで、内外からのパセノール補給をしても、体質や肌質によっては、使い始めの頃などは「効果がちょっと物足りない」と感じる人もいるかもしれません。

そんな人のための、「パセノールの効果をしっかり感じるためのスペシャルケア」をご紹介しましょう!

パセノール(粒)サプリメントを増量しよう!

体の内側からのスペシャルケアとしておすすめしたいのは、「パセノール(粒)サプリメントを増量して飲む」という方法です。

このサプリは基本的には1日4粒が標準量とされていますが、なんと、「1日最大24粒までならOK」という趣旨の記述が、公式サイトのQ&Aにあるんですよ。安全性が高いサプリだからこそできる、大増量ワザですね。

しかしさすがに「24粒は飲みすぎでしょう」と尻ごみしてしまう人は、「朝と昼に4粒・夜に8粒」の合計16粒でスペシャルケアをしてみてはいかがですか?

これなら比較的飲みやすいですし、パセノールの効用が、1日中ほぼ途切れることなく得られ、さらに夜のパセノールを多めにすることで、肌のターンオーバー時のサポート力をいっそう高めるという効果も期待できます。

パセノールモイストジェルでパックしよう!

肌そのものへのパセノール補給のスペシャルケアとしては、「パセノールモイストジェルをパックとして使用する」という方法がおすすめです。

モイストジェルの標準使用量は「サクランボ1粒分」ですが、これをサクランボ3~4粒分ぐらい、たっぷりと使って顔全体にのばします。

そしてその上から「目・鼻・口部分にあらかじめ穴を開けたラップ」をかぶせて、10~15分ほど待てばOK。ラップをはがせば、たっぷりの美容成分がしっかり肌になじんで、いつもよりいい手触りになっていることが実感できるはずですよ。

なお、寒い季節は、「ラップをはがす前のラスト1分だけ、ラップの上に蒸しタオルをかぶせる」という方法を使うと、より浸透しやすくなりますのでおすすめです。

蒸しタオルは、「42~45℃ぐらいのお湯をタオルにかけてしぼる」という感じにすると、適温に仕上がりやすいですよ。

ちなみに、なぜ1分だけの蒸しタオル使用なのかというと、蒸しタオルはあまり長時間使っていると、「蒸しタオルそのものが冷め切ってしまう」という欠点があるからです。

あと、蒸しタオル以外にも、しっかりと温めた手のひらや、40℃程度の温度のホットパッドを使ってみてもいいですよ。

 

しわ・たるみ パセノール

この記事に関連する記事一覧