美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

20代半ばから始まる「たるみ」の原因と予防法

読了までの目安時間:約 2分

 

たるみは20代半ばから始まるともいわれております。目、口元、頬のたるみは、しわ以上に老けた印象を与えます。このたるみを、諦めてそのまま放っておくのは、ハキリ言ってもったいないと思います。

どうせなら、たるみをSTOPさせて実際の年齢より若く見られるくらい、思い切りケアをしちゃいましょう。

たるみの原因

年齢をとると、どうして人間の顔はたるんでくるのでしょう。たるみは、お肌の弾力成分であるコラーゲンが、老化により変化していくことが原因です。

お肌の弾力を保っているのは、真皮といわれる部分で、表皮の下にあって、膠原線維と弾力線維とからできております。また、コラーゲンは加齢だけでなく紫外線によっても変質します。紫外線が皮膚にあたると、これらの線維を壊してしまいます。

このように弾力の元が破壊されてしまうわけですから、 自然とたるみができてしまうのです。また、紫外線が原因となり活性酸素が発生し、線維を硬くしたり皮膚細胞を傷つけます。

紫外線などの影響で、コラーゲンやエラスチン線維が壊れても、やがて再生はされますが、破壊と再生を繰り返しているうちに線維が伸びてたるんできます。この線維のたるみと筋肉のたるみが重なって、目の下やほお、首のまわり等にたるみが出てしまうのです。

たるみの予防法

たるみの予防は、しわの予防とほとんど同じと考えてよいと思います。主な予防法を挙げるとすれば、以下のようになりますが、日ごろのケアと若さを保ちたい、若返りたいという意識も持ち続けることが肝心ですね。

  • 日ごろからの紫外線対から肌を守る。
  • マッサージをすることで、毛細血管の血行を良くし、新陳代謝を活発にする。
  • ビタミンA・たんぱく質などの栄養摂取。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧