美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

40歳代でコラーゲンは半減?

読了までの目安時間:約 2分

 

コラーゲンは、必要に応じて体内でアミノ酸を原料につくられています。毎日の食事から摂取したタンパク質はペプシンやトリプシンという消化酵素によりアミノ酸に分解され吸収されるのです。その後、酵素の働きによっていろいろなタンパク質へとつくり替えられます。

コラーゲンもこれと同じような感じでつくられているのですが、他のタンパク質とは異なり、つくられたコラーゲンは、ずっとそのままでいるわけではなく、一定の期間が経過するとアミノ酸に分解され、代わりに新しいコラーゲンがつくられるという新陳代謝を繰り返します。

しかし、加齢とともに新しいコラーゲンはつくられにくくなってきます。体内に残った古いコラーゲンは新鮮なものに比べて柔軟性がありません。水分も保たれにくくなってしまいます。弾力があってプルプルの肌はこうして失われてしまうのです。

そして体内に含まれるコラーゲンの量は年齢とともに減少し、40歳代ではコラーゲンの量が20歳代の半分になってしまうといわれております。このようにコラーゲンの新陳代謝が活発でなくなり、古いコラーゲンが増えてしまうことが、肌の老化の最大の原因なのです。

肌を構成する成分の約70%はコラーゲン

キウイ

化粧品やサプリメントのコマーシャルでやたらと出てくるコラーゲンというキーワード。ではなぜ、コラーゲンなのか?実は肌(皮膚)を構成する成分(水分を除いた乾燥重量)の約70%はコラーゲンなのです。

コラーゲンは繊維状のたんぱく質で、細胞と細胞の間をつなぐ重要な役目をはたしております。若く見える肌、ハリのある肌はコラーゲンによって保たれているのです。

コラーゲンは、からだの中で皮ふや骨、軟骨、腱、血管などに多く含まれております。体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)のタンパク質があり、その約30%がコラーゲン(体重の約5%)ということです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧