美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

紫外線対策の必要性

読了までの目安時間:約 2分

 

紫外線による「光老化」に関心が高まるにつれ、紫外線対策の大切さがわかってきました。 しみをつくらないためには、夏に限らず、年間をとおして紫外線対策を行う必要があります。

また、紫外線のなかでもUVAは雲や窓ガラスも通り抜けるため、曇りの日や室内にいる時でも要注意です。

しかも紫外線の80%はUVAだといわれています。UVAは肌の奥まで侵入して細胞を傷つけ、シミやシワといった肌老化の原因となります。

短時間の外出でも日焼け止めを塗っておけば万全。顔だけでなく手や首にも塗りましょう。私の場合、一番注意しているのは、車の運転中です。特に右手の甲が日差しを受けてしまいがちで、すでに大きなしみが4つほどできてしまいました。

日焼け止めだけでは不十分かも

日焼け止めの成分である紫外線防止剤には、紫外線を反射するタイプの「紫外線散乱剤」 と、紫外線を吸収するタイプの「紫外線吸収剤」があります。

紫外線散乱剤の中で、肌の奥深くに侵入していわゆる「光老化」の原因となっている紫外線である「UVA」をカットする効果があるのが酸化亜鉛です。しかし酸化亜鉛だけでUVAを完全にカットできる訳ではありませんので、帽子をかぶったり、長袖の服を着るなどの、日焼けそのものを避けることも必要となります。

また、どうせ使うなら、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などのうるおい成分が配合された日焼け止めを選びたいものです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧