美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

間違いだらけのコラーゲンの選び方

読了までの目安時間:約 4分

 

お肌(皮膚)を構成する成分の約70%はコラーゲン。コラーゲンは繊維状のたんぱく質で、細胞と細胞の間をつなぐ重要な役目をはたしております。若く見える肌、ハリのある肌はコラーゲンによって保たれているのです。

以前は塗りこむばかりだったコラーゲンですが、今は飲むタイプに人気があります。しかしコラーゲンの吸収される量や、吸収されるスピード、そして効果は様々です。

本当によく効くコラーゲンを選ぶ秘訣

実際のところ、このサイトの管理人である私も、いくら飲んでも効果が感じられないコラーゲンに時間とお金を費やしてきましたが、それらのマイナスを大きくプラスに転じるつもりです。このページでは、安くて、飲んですぐに実感できるコラーゲンの探し方をご説明します。

製造法の違いで天地の差


製造方法の違いにより、コラーゲンはよく精製された高純度、高品質であるかどうか、つまり素肌の再生や疲労回復などが実感されるものとそうでないものに二分されます。

豚や魚皮を原料として得られた液体は、保存性が悪いためにすぐに粉末にされ、添加物と合わせて、ジュースや錠剤、カプセル商品として販売されますが、これらは添加物を含んでいるので、純正コラーゲンに比べると消化性が劣ると考えられます。

10%~20%の高純度液体で、しかも純正液体コラーゲンを製造するには脂質の少ないウロコ原料が適しており、高度な精製技術で得られたものほど良いといえるでしょう。

なかでも、高圧水熱分解は、ウロコ原料から、アトピー因子を完全に除去し、低分子化(3,000~6,000)された超還元水溶液であり、消化吸収性と即効性に優れております。

冷蔵庫で固まらない!本当に良いコラーゲン

冷蔵庫をのぞく女性

実の話、コラーゲンはそのままでは分子量が大きく、直接腸から吸収されることはありません。

夾雑物の完全除去と低分子化がなされ、消化吸収性に優れていることは即効性につながり、良質のコラーゲンペプチドの大切な条件と言えます。

高圧水熱分解法で製造した低分子のコラーゲンペプチドは、冷蔵庫の温度を2℃程度にしても固まらず(凝固点)、一方夾雑物を含み消化吸収性に劣る高分子コラーゲンでは通常の冷蔵庫の温度使用でゼリー状(8℃~12℃)になるので、容易に見分けることができます。

本当のコラーゲンは添加物のないコラーゲン


多くの量産コラーゲンは抽出した液体をそのまま飲むことはできず、粉末化されます。粉末コラーゲンは、輸送費が安く、保存性もよいことから、多くのサプリメントに利用されています。

種々の原料から純粋な生コラーゲンを抽出して、添加物を含まず、そのまま飲料にするには高度な技術(精製技術と滅菌技術)が必要です。

以上の内容を参考に、皆様も素肌の再生や体の疲労回復などの効能があるコラーゲンを探していただきたいと思います。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧