美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

しわやたるみの発生・悪化につながる「ダメ油」に注意

読了までの目安時間:約 3分

 

食事の際に摂る「油」の良し悪しも、しわやたるみの発生・悪化リスクに大きな影響を与えます。

どんな油が良くて、どんな油がダメなのかを知っておきましょう。

しわやたるみの発生・悪化につながる「ダメ油」はこれだ!

ではまず、しわやたるみの発生・悪化につながるリスクが高いダメ油はどんな油かというと、ズバリ、酸化した油とトランス脂肪酸です。

「揚げ物をしたあとのサラダ油を再利用する」など、使い回した油や、揚げ物そのものに含まれている油は、酸化しているリスクが非常に高く、この酸化油は、活性酸素による細胞老化を促進してしまいます。

料理に使う油も、大容量のものは買って長い間使っているとどんどん酸化してしまいますので、短期間で使い切れる量のものを買う、というのがポイントです。

また、ごま油は数ある食用油の中でもトップクラスに酸化しにくい油なので、「料理に使う油は、なるべくごま油にする」というのもいい手ですよ。

次に、マーガリンやファットスプレッド・ショートニングに多く含まれるトランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やして血流を悪化させ、さらに活性酸素も大量発生させてしまうため、これまた肌老化につながってしまいます。

しわやたるみの発生・悪化を予防する「おすすめ油」はこれだ!

オリーブオイル

では逆に、しわやたるみの発生・悪化を予防に役立ついい油とはどんなものかというと、えごま油・亜麻仁(あまに)油・オリーブ油などがおすすめです。

いずれも悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする作用が期待できます。

血流がよくなれば、肌細胞にもしっかり酸素と栄養が行き渡るので、結果的にアンチエイジングにもつながるというわけですね。

ただし、この中で加熱調理に使っていいのはオリーブ油だけです。

えごま油と亜麻仁油は、オリーブ油を上回る健康&美容効果が期待できるすぐれた油ですが、加熱にも酸化にも非常に弱いので「1~2カ月以内で使い切れる量を、必ず冷蔵庫保存し、サラダなどにかけて冷たいままで摂取する」ということを心がけましょう。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧