美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

しわ対策におすすめのオイルあれこれ

読了までの目安時間:約 3分

 

乾燥によるしわを防止・改善するためには、「保湿性の高い化粧水や美容液をしっかり肌になじませる」というだけでなく、特に乾燥しがちな部分については、油分をプラスすることも大切です。

しかし、市販のクリームの中には、石油由来の鉱物油や、肌リスクの高い防腐剤や合成界面活性剤などをたっぷり配合しているものも多いため、商品選びは意外と難しいものです。

そこでおすすめなのが、「クリームではなく良質なオイルをつける」というやり方です。そのために使える、肌にやさしいオイルをご紹介しましょう!

おすすめのオイルはこれだ!

クリーム代わりに使いたい、おすすめのオイルとしては

  • ホホバオイル
  • マカダミアナッツオイル
  • イブニングプリムローズ(月見草オイル)

などが挙げられます。

それぞれのオイルの特徴を簡単に説明すると、まず、ホホバオイルについては「人の肌との相性がバツグンで浸透性が高いのでべたつきにくく、酸化もしにくい」というのが挙げられます。初心者でも扱いやすく、価格も手ごろですので、まずはこれから試すのがおすすめです。

マカダミアナッツオイルは、こちらもホホバオイルと同様に肌に浸透しやすく酸化しにくいというだけでなく、さらに「ホホバオイルよりも保湿力が高い」という特徴も持っていますので、乾燥が特にひどい人におすすめですよ。

イブニングプリムローズは、敏感肌でも肌トラブルが起こりにくい安全性の高さと、女性ホルモンコントロール作用による美肌効果が大きなメリット。

ただし、イブニングプリムローズは酸化しやすいという弱点を持っていますので、冷蔵保存する必要がありますし、日光などに当たる日中の使用はおすすめできません。使用は夜のみにして、朝の洗顔できちんと落とすよう心がけましょう。また、使用感はやや重いので、「他のオイルより軽めにつける」ということも心がけたいですね。

補助的なオイルとしてはこちらもおすすめ!

おすすめのオイルを3種類ご紹介しましたが、補助的なオイルとしてはアボカドオイルもおすすめです。

このオイルは使用感がとても重いので単独では使いにくく、「他のオイルに少量だけ混ぜて使う」という使い方でないとキツイですが、角質層をやわらかい状態に保つ作用にすぐれているので、乾燥じわを作る「肌のヨレ」対策には、なかなか効果的ですよ。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧