美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

しわ・たるみ対策のための「良質な睡眠」の重要性

読了までの目安時間:約 3分

 

あなたの毎日の睡眠状態は、良好ですか?

なぜこんなことを聞くのかというと、それは、しわ・たるみ対策のためには、良質な睡眠をとることが非常に重要だからです。

どれほど重要かというと、睡眠がメチャクチャな状態だと、その他のしわ・たるみ対策の努力がほとんど台無しになってしまうほど。

その理由についてお話ししましょう!

睡眠は成長ホルモン分泌を左右する!

よく「肌のターンオーバーを活性化させるためには、午後10時~午前2時ごろまでの、夜のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとることが大切」と言われますが、なぜ、この時間に寝るとターンオーバーが活性化するのかというと、「成長ホルモンがたっぷり分泌されやすい環境が整う」からです。

この時間帯は、人間の体温が低下してくる時間帯で、その体温低下にともなって、深い眠りにつけるチャンスでもあります。そして、眠りが深くなればなるほど、寝つき後から3時間ぐらいまでの間に、成長ホルモンがたっぷり分泌されるようになるのです。

この成長ホルモンこそが、肌のターンオーバーを活性化させる立役者。

睡眠

どれだけ肌細胞の原材料となるたんぱく質や、その合成促進をうながすビタミンなどを摂っていても、成長ホルモンがうまく分泌されないと、生かしきれないんですよ。ですから、遅くとも0時までに寝て、成長ホルモン分泌のチャンスを生かすことが大切なのです。

また、疲れをしっかりとって、細胞の修復等をきちんと済ませるためには、最低でも6時間以上の睡眠が必要。できれば、7時間~7時間半が理想的ですよ。

寝つきを早くするためのコツ

成長ホルモン分泌によるターンオーバー活性化のための条件として「0時までには就寝する」ということはとても大切ですが、「寝床についても寝つけず、ゴロゴロしているうちに0時をオーバーしてしまう」という人も多いでしょう。

そんな人は、寝つきを早くするために、以下の5つのポイントを心がけて下さい。これらを守るだけでも、寝つきの良さがかなり違ってきます。

  1. できるかぎり、家の照明はオレンジ系の電球色にする。
  2. かかとから足先はけっして冷やさず、温かい状態にする。
  3. スマホやパソコン・テレビなどの電子画面は、就寝30分前以降は見ない。
  4. エアコンや電気毛布などの利用で、寝室と寝床を心地良い温度に整えておく。
  5. 寝る前に大きく伸びをして、数回、ゆっくりと深呼吸をおこなう。

また、起床時はすぐにカーテンと窓を開けて部屋を明るくし、素早く活動スイッチを入れるように心がけると、より効果的ですよ。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ知識

この記事に関連する記事一覧