フォトフェイシャル フォトRF

原島美容研究所

浅いしわには光治療

読了までの目安時間:約 1分

 


美容外科などでは、カラスの足跡と呼ばれる目尻のちりめんじわ等の浅いしわに対しては、フォトフェイシャルやフォトRFなどの光治療を行います。

光治療は肌の繊維芽細胞に刺激を与えます。そうすると肌はその熱刺激を修復しようとして肌の中のコラーゲンを増やすのです。光治療ではさらに多種類の光線が照射され、角質やメラニン、血管にも作用し、毛穴の開きを改善し、同時にしみを治すこともできます。

また、Nライトやクールタッチなどのレーザー治療も行われます。Nライトは、熱で真皮の血管を刺激してコラーゲンを増加させ、クールタッチは肌の表面を冷やしながら真皮の細胞を熱で壊すことでコラーゲンの生成を促します。

これらの光治療は、ヒアルロン酸やセラミドなどが配合された保湿力の高い化粧品を早い段階から使用して、その上で改善しきれなくなったときに試したいものです。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ治療

この記事に関連する記事一覧