美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

ヒアルロン酸注入 – しわ治療だけではない、たるみの改善にも

読了までの目安時間:約 3分

 


たるみの改善にはヒアルロン酸注入という効果的な方法があります。これは主に美容外科での治療となり、しわの治療法として即効性があり人気がありますが、肌の真皮層にヒアルロン酸を注入することで、自然なふくらみをつくり、たるみの目立たない肌にしていきます。

ヒアルロン酸は高い保水力を持ち、化粧品やサプリメントの成分として利用されています。ヒアルロン酸注入は、このヒアルロンサンを真皮に直接注入する療法で、フェイスリフトとは違い肌の内側から老化した皮膚を再生させます。

加齢とともに減少するヒアルロン酸

ヒアルロン酸は皮膚だけでなく、眼球、関節などにも含まれ、保水、弾力を必要とする部分に不可欠な物質なのです。

わずか1グラムで6リットルもの水分をゼリー状になって抱え込み、体内の細胞を潤しております。ヒアルロン酸はもともとは人の体内に存在する自然の成分ですからアレルギーや副作用の心配もほとんどありません。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少していきますが、老人のヒアルロン酸は赤ちゃんのわずか20%と言われております。赤ちゃんの肌がみずみずしく、はりがあるのはヒアルロン酸を多く含んでいるからです。

ヒアルロン酸は関節炎や角結膜上皮障害の治療薬として利用されるほか、化粧品などに保湿成分として添加されるようになりました。

持続時間は半年から1年

女性

さて、たるみは、肌を構成するコラーゲンやエラスチンが減少し、肌自身の重みで下へたれ下がる現象です。ご存知の通り、たるみは加齢とともに進んでしまいますが、女性の場合は女性ホルモンの減少で、コラーゲンが減り、コラーゲンを繋ぎとめているエラスチンがもろくなってしまうことも原因となってしまうのです。

ヒアルロン酸とコラーゲンのどちらも注入によって体内に吸収させるという点で同じですが、持続時間はヒアルロン酸の方がコラーゲンより通常は長く、アレルギー反応もヒアルロン酸がほとんどないのに対し、コラーゲンの場合は事前にチェックが必要となります。

注入されたヒアルロン酸は、皮膚内で新陳代謝され少しずつ減ってきます。持続時間は半年から1年です。

 

しわ・たるみ しわ・たるみ治療

この記事に関連する記事一覧