美容・アンチエイジング研究サイト

原島美容研究所

レチノールが肌に合わない人向けのおすすめスキンケア成分

読了までの目安時間:約 4分

 

スキンケア用品の配合成分の中で、しわやたるみに高い効果が期待できる成分として挙げられるのが、レチノール。

このレチノールは、コラーゲンを増やす力に特にすぐれているという大きなメリットがあるのですが、その反面、肌刺激が強め、乾燥を招きやすいというデメリットも持っていますので、敏感肌や乾燥肌の人などは「レチノールが肌に合わず、使えない」となってしまうケースも少なくありません。

レチノールが肌に合わない人には、代わりにどんな成分を使うべきなのでしょうか?

まずはビタミンC誘導体がおすすめ!

レチノールが肌に合わない人に、まず試してもらいたいのが、ビタミンC誘導体です。

この成分は、ビタミンCを「安定して肌が吸収しやすいように」と加工したもので、ビタミンCによるコラーゲン生成促進効果が得られるだけでなく、高い抗酸化作用で活性酸素による肌老化の防止効果も期待できますし、さらにメラニン還元作用による美白効果まで期待できます。

他にもこんな成分がおすすめ!

明るい表情の女性

ビタミンC以外におすすめの成分としては、ナイアシンやアスタキサンチンも挙げられますね。

まず、ナイアシンについては、コラーゲンやセラミドの合成効率を高めてくれるという大きなメリットがあるだけでなく、「ビタミンC誘導体さえ使えないレベルの敏感肌でも、肌トラブルが起こりにくい」という肌へのやさしさがあるのも、大きな魅力です。

そして、アスタキサンチンの最大の魅力は、ビタミンCの約6000倍という、圧倒的な抗酸化力の高さです。

抗酸化力が特に高い成分と言えば、レスベラトロールやカテキンなどの各種ポリフェノールも有名ですが、アスタキサンチンはそれらのポリフェノール類よりもさらに抗酸化力が高いため、活性酸素による肌老化の徹底防止に役立つんですよ。

ちなみにアスタキサンチンは、エビやカニなどの甲殻類や、サケや金魚などの赤い魚に存在する色素成分なのですが、「これらの生物の細胞を日差しから守る」という役割を果たしているため、紫外線の害によるしわやたるみの発生を予防するのに、特に有効と考えられています。

さらにアスタキサンチンには、肌繊維を構成するコラーゲンとエラスチンの生成を助ける作用もありますよ。

----------

レチノールが真皮層に浸透すれば、シワもシミも改善するというお話

99%の化粧品は、お肌にほとんど浸透していません。もちろん、「レチノール化粧品」も皮脂にブロックされて、お肌の真皮層には有効成分の一部しか届いていないのが現状です。

しかしただ一つ、国際特許の「浸透テクノロジー」を採用したb.glen社の「QuSomeレチノA」はレチノールなどの有効成分がお肌の真皮層に届き効果を発揮。ピリピリ感がないのにシワやシミを改善するので、欧米では高い評価を得ています。

>> 「浸透テクノロジー」について詳しくはこちら

 

タグ :  

しわ・たるみ レチノール